\ フォローしてね /

2泊3日で!長崎を満喫する旅行プラン

大河ドラマ「坂本龍馬」で注目を浴びた長崎県をご紹介します。長崎県出身の親戚がお勧めスポットを盛り込んで日程を組んでくれました。

旅行概要

11月初旬家族で2泊3日で長崎へ行きました。

1日目:

昼前の羽田~長崎空港~ハウステンボス~長崎駅~稲佐山「ルークプラザホテル」

2日目:

ルークプラザホテル~観光タクシーの案内で長崎市内観光

JR長崎の駅ビルでおみやげ購入~雲仙「有明ホテル」

3日目:

雲仙「有明ホテル」~国立公園雲仙~長崎空港~羽田空港

おすすめスポット

1.ハウステンボス

長崎空港からも長崎市街からも離れているので当初予定に入って居なかったので無理やり組み込みじみました。

あいにくの雨であまり動き回れませんでしたが「クラシックタクシー(観光チャーター30分4,000円)」で1周できました。外国にいるような建物や風景を見られる素敵な場所でした。

2.稲佐山からの夜景

ホテルは稲佐山にあるホテルに泊まることをおすすめします。

稲佐山から見る夜景は絶景ですので絶対に見ておきたい夜景のひとつです。

3.長崎市内観光(観光タクシー)

観光タクシーをで長崎市内を案内してもらった中で良かったところをご紹介します。

観光タクシーは事前予約が必要です。ホテルのフロントに聞くと教えてもらえると思いますので前もって予約しましょう。

大浦天主堂・グラバー園

お蝶夫人の像や坂本龍馬にも登場したグラバー邸を見ることができます。

また、グラバー園から造船所の面影が残る長崎市内や海が一望でき、歴史を感じました。

眼鏡橋

国の重要文化財にも指定されている橋です。

水面に映った影がメガネのように綺麗に双円を描いていて眼鏡橋と呼ばれるのも納得です。

平和公園(願いのゾーン)

平和記念公園は、「願いのゾーン」「祈りのゾーン」「学びのゾーン」「スポーツのゾーン」「広場のゾーン」に分かれていて、力道山がモデルとなったといわれている平和祈念像は、願いのゾーンにあります。

天を指す右手は長崎の過去(原爆の脅威)を、水平にのばした左手は長崎の未来(平和)を示しているそうです。

原爆の恐ろしさや戦争の悲惨さと平和への願いを感じる場所でした。

4.国立公園雲仙・雲仙地獄

ロープウェイに乗りながら大自然を満喫できました。また、雲仙普賢岳の山頂からは、阿蘇山が望めます。

雲仙地獄の一帯は、白い湯気が至る所に立っていてまさに地獄(?)、別世界に居るようでした。「君の名は」のロケにだったんですね。

おすすめのお土産

1.カステラ

長崎と言ったらやはりカステラですよね。たくさんのカステラ屋さんがある中でもおすすめは、福砂屋。底のカラメル部分にザラメがついていて上品な味です。おみやげにも好評でした。

2.一口香

中が空洞のふしぎな饅頭。初めての人は、食べたら驚くと思いますよ。

長崎旅行の感想

2日目の長崎市内観光で利用した観光タクシーは、利用して正解でした。

運転手さんが観光スポットに連れて行ってくれて、説明や写真撮影までしてくれるのでとても良かったです。お勧めです。

長崎出身の福山雅治さんの実家の前も通って教えてくれたのはすごく嬉しかったです。

反省

初長崎で色々詰め込み過ぎて、2泊3日にしては、色々行き過ぎて移動で疲れてしまった。

おわりに

いかがでしたでしょうか?長崎は、他にも路面電車など素敵な物や場所があります。みなさんも、是非長崎を訪れてみてください。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。