1. 趣味
    2. モールでかわいい動物を作る方法(犬)

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    モールでかわいい動物を作る方法(犬)

    このライフレシピのもくじたたむ

    モールでかわいい犬を作る方法です。基本はモールうさぎと同じで、枠組みを作り、肉付けするだけです。

    用意するもの

    • モール(お好きな色、太さ、長さで)
    • 挿し目(3ミリ程度)や黒の小さいビーズ
    • ボンド
    • ペンチやピンセットもあれば便利
    モールはお好きなものでどうぞ。もこもこしているもの、細めのもの、モール手芸専用のワイヤーが見えにくいものなど色々あり、それぞれ出来上がりの印象が変わってきます。
    ここでは100円ショップのラッピングコーナーで売っている、幅5ミリ長さ30センチ程度のモールを2本程度使って、一体のウサギを作っています。

    モール犬の作り方

    まずはじめにモールの両端を少し折り返して、針金の先が刺さらないようにしましょう。

    STEP1 顔の枠組み

    1本目のモールで大体の形を作ります。ところどころねじって固定します。

    まず軽く折って、真ん中を確認します。

    まずは頭の枠組みから作ります。耳と顔を作り、ところどころねじって固定します。上図では顔は1.5センチ程度で作ってあります。

    STEP2 体の枠組み

    前足を作ります。お好きな長さでどうぞ。根元はねじります。上図では足は1センチ程度で作ってあります。

    後ろ足としっぽを作ります。ねじって固定します。

    余った部分はそのまま胴体に巻きつけます。(後ろ足の根元のあたりから、巻いてください。隠れるので適当で大丈夫です。)

    これで枠組みは完成です。

    モールが足りなくなったら、ねじってつけたしましょう。

    STEP3 肉付け

    次のモールを用意します。

    まず、顔の耳と耳の間に引っ掛け、横方向にぐるぐる巻きつけます。

    顔の下まで巻いたら、今度は縦方向に丸く巻き、顔に押し付けます。これが鼻の部分になります。

    残った部分は胴体に巻きつけます。

    モールはそのまま切らずに使います。顔と鼻部分に巻いた後、鼻の近くの顔のモールの隙間に通して、顔の下に出し、前足の間を通って、胴体側に持って行き、胴体に巻きつけます。

    全体的に肉付けが足りないようなら、モールを足してさらに巻きます。

    モールの端はどこかに差し込んで処理しましょう。

    STEP4 仕上げ

    足先を少し曲げます。全体のバランスも整えます。

    挿し目をボンドでつけて、完成です。

    おわりに

    モールの色や、耳足の長さ、肉付けの量でいろいろ印象の違う犬が作れます。

    是非、チャレンジしてみてくださいね。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人