1. 趣味
    2. パーティのネームスタンドに!びょうぶ鶴の折り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    パーティのネームスタンドに!びょうぶ鶴の折り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    ハサミも糊も使わない、不思議なびょうぶ鶴です。びょうぶの部分に名前を書いたり、カードを挟んだりしてパーティの席次に使えます。

    必要な材料

    折り紙1枚だけです。最初は普通のサイズの折り紙でやってみましょう。

    びょうぶ鶴の折り方

    STEP1

    工程が多いので、すいませんが簡単な部分はまとめていきます。

    1・三角に2回折り、折り筋をつけ、中表にして広げる。

    2・角を1か所だけ真ん中に合わせて折ったら、全体を半分に折る。

    3・折り紙の裏が出ている三角部分を上に折り上げる。

    4・折り上げた三角部分を、開いてつぶす。

    STEP2

    1・図の部分を中心線に合わせて折り筋をつけ、戻す。

    2・折り筋に合わせ開いてつぶす。

    3・図の状態になればOK。よく折り筋をつけて、一度全部ひらきます。

    4・こんなかんじで折り筋がつきました。ごちゃごちゃ折り筋のついている1/4部分が、鶴になります。鶴の部分を一緒に、半分に折ります。

    STEP3

    半分にたたみますが、その際折り筋に合わせ鶴の部分を起こします。上の画像は、起こしている最中のものです。

    STEP4

    こんな感じになります。画像を見ると一見「?」と思えますが、実際にやってみると強く折り筋がついている部分を折るので、自然とこうなります。

    画像の三角の部分を、開いてつぶします。基本の鶴の折り方の形です。

    STEP5

    こんな形になっていればOKです。よく折り筋をつけたら、また全部広げます。

    折り筋をつける工程が長いですが、ここをしっかりやっておくと後の作業が楽になります。

    STEP6

    広げたら、上図の対面の2つの角を中心に合わせて折ります。

    STEP7

    この時点で、上図の赤線の部分を谷折りでよく折り癖をつけておきましょう。

    STEP8

    よく折り癖をつけたら、いよいよ鶴の部分を起こしていきます。上の図は、起こしている最中のものです。折り目に逆らう部分がないので、結構あっさり起こせますよ。

    STEP9

    上図のようになっていればOKです。あとは基本の鶴の折り方と一緒です。赤線の部分を4か所折ります。ついたて部分が邪魔ですが、頑張って折ってください。

    STEP10

    赤線の部分を、中割り折りで起こしていきます。

    STEP11

    ここまで出来たら、あとは頭の部分を折って羽を起こしてあげれば完成です。おつかれさまでした!

    最後に

    工程が多いように思えますが、実際にはしっかり折り筋をつけるためのもので、鶴の折り方自体は普通の物と変わりません。慣れてくれば、多少工程ははしょれると思います。

    著者は「びょうぶ鶴」と表現しましたが、実際の名称はわかりません。昔読んだ折り紙の本に載っていたもので、伝承鶴の折り方だと思うのですが、連鶴などに比べて多少マニアック?で知っている人が少ないので、パーティでこれを作っておくと「どうやって作ったの??」と会話が盛り上がりますよ!

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人