\ フォローしてね /

おふくろの味!「こんにゃくときのこの当座煮」の作り方

当座煮とは、しょうゆと酒などで辛めに味をつけた煮物のことです。佃煮ほどではないのですが、しょうゆなどで多くの塩分を含んでいるため「当座は保存がきく煮物」という意味でこう呼ばれています。

材料(4人分)

  • 板こんにゃく:1枚
  • まいたけ:1パック
  • だし汁:100cc(水100ccと顆粒だし1つまみ約2gでもかまいません)
  • 酒:大さじ1
  • みりん:大さじ1~2
  • しょうゆ:大さじ1~2
  • かつおぶし:ひとつかみ
  • ごま油:大さじ1

こんにゃくときのこの当座煮の作り方

STEP1:こんにゃくを切る

こんにゃくの下ごしらえをします。その後、手でちぎったり、コップのふちなどで食べやすい大きさに切ります。こうすることにより、こんにゃくの表面積が増えて味がしみこみやすくなります。

下ごしらえの方法はいろいろあります。筆者は、切ってからさっと湯通ししています。ご自分のお好きな方法で行ってください。

STEP2:こんにゃくを炒める

ごま油を熱し、こんにゃくを炒めます。泡がたくさん出てくるのですが、そのまま炒め続けます。中火から弱火で10~15分くらいしっかり炒めることにより、水分が飛び味がしみこむようになります。

泡は、水分なので食べても無害です。油を入れる前にからいりすれば泡立ちが少なくなります。ごま油やオリーブオイルなど香りの強い油のほうがサラダオイルよりも泡立ちが多いようです。

STEP3:まいたけ(他の具材)を入れる

まいたけを入れてさらに2~3分炒めます。

STEP4:調味料を入れて煮る

分量のだし汁、酒、しょうゆ、みりんを入れます。しょうゆ、みりんは味見をしながらお好みで調節してください。

STEP5:煮詰める

弱火で10分くらい火にかけます。煮詰まって水分がなくなりかけてきたら火を止め、鰹節を入れてざっと混ぜます。

STEP6:完成!

お皿に移してかんせいです。

おわりに

地味な色合いですが、食卓に1皿あるとうれしい1品です。調味料も作りなれてくると目分量でできますので、ぜひ作ってみてくださいね。

こんにゃくと合わせるものは、まいたけやしょうが以外でも油揚げ、ちくわ、にんじん、たけのこ、しいたけ、青菜など何でもできます。冷蔵庫にあるもので組み合わせを工夫してみるのも楽しいものです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。