1. 料理
    2. たれ利用で手軽にできる!「簡単ローストチキン」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    たれ利用で手軽にできる!「簡単ローストチキン」の作り方

    クリスマス、チキンを焼きました。とはいってもコツはちゃんと塩を「揉みこんでおく」ことだけ。時間を置いてしっかり塩味をさせることでおいしいローストチキンになります。

    材料 (2人分)

    • 鶏もも肉(骨つき) 2本
    • ゲランドの塩 小さじ1/2
    • クレイジーソルト 小さじ1/2
    • ヨシダグルメのたれスパイシー 100ml程度

    「簡単ローストチキン」の作り方

    STEP1:塩を揉みこんでおく

    鶏もも肉の両面に塩をふりかけて揉みこんでおきます。グリルの1~2時間前から塩をかけておくことで、中心まで塩がしみ込んでいきます。

    ポイントは、塩をあらかじめ揉みこんでおくこと。焼く直前ではなく、遅くても1時間前には揉みこんでおくのが大切です。

    STEP2:グリルする

    皮目を上にして、予熱をしておいた200度のオーブンで10分焼きます。

    最初はじっくり焼きます。

    STEP3:たれをつけて焼く

    ヨシダソースをはけなどで両面に塗り、更に250度のオーブンで3分焼きます。

    たれをつけて焼くと、たれが肉になじみます。

    STEP4:火を中心まで通す

    3分焼いた後、裏側を見てまだ火が通っていないようだったらヨシダソースをはけで更に塗り、電子レンジ600Wで3~4分加熱して中心部まで火を通します。

    火が通ったら完成です。

    完成!

    味付けは塩とヨシダソースだけ。簡単な作り方ですが、骨つきの肉を選ぶとそんなに手抜きには見えないのがすごいところです。

    ポイントは、塩をあらかじめ揉みこんでおくことと、オーブンでじっくり焼くこと、中心まで火を通すことだけ。骨つきの生肉でもこれさえ守れば市販品みたいに見えます。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人