\ フォローしてね /

編み物をゼロから始める!かけ目の編み方

編み物を始めたばかりの方も、基本の目の編み方を覚えて来たらどんどん変わった編み方に挑戦していきたくなるものです。

今回ご紹介する「かけ目」は、さほど難しい編み方ではありませんが、作品に一風変わった印象を持たせる模様を編みこめる編み方です。

これをマスターして、一段レベル上の毛糸小物を作りましょう!

筆者は毛糸の端を左手に持つ「フランス式」を用います。これは毛糸の扱いが容易く初心者に向いた編み方なので、今回は「フランス式」での表目の編み方を載せています。

用意するもの

  • 棒針2本組
  • 好きな色の毛糸
毛糸には、その糸の太さに適した棒針の太さがあります。糸の帯に目安を書いた帯が巻いてあります。それを参考に棒針の太さを決めましょう。

かけ目とは

かけ目とは棒針編みの編み方の一つで、前段までの目を使わずに新しく目を増やす編み方です。

したがって、結果的に前段までよりもかけ目をした分だけ目数が増えることになります。編み目としては、かけ目の位置は丸い空洞になり、穴が開いたような模様をつくることができます。

編み図では、図のような記号であらわされます。

やり方

STEP1:

毛糸の端を左側に出しておきます。

STEP2:

左側に出している糸を、そのまま右側の針に手前から奥にかかるようにしてひっかけます。

STEP3:

STEP2でひっかけた糸はそのままで、次の目を使って通常通り表目を編んで、かけ目完成!

STEP4:

かけ目部分はこのように穴が開いたような模様になります。

かけ目のコツ

かけ目は難しい編み方ではありませんが、STEP3で表目を編む際に、STEP2で引っ掛けた糸が針から滑り落ちやすく、多少編みにくいことがあります。

筆者は右手の人差し指でSTEP2でかけた糸を抑えながら、表目を編むようにしています。

このとき、きつくしすぎると穴が十分な大きさにならず、きれいな模様が出なくなるので周りの目と同じ緩さを心がけるようにするとよいです。

おわりに

いかがでしたか?かけ目は、表目の編み方をマスターしていればすぐに覚えられる編み方です。

こんなに簡単に、一段オシャレ度の高い模様を編みこめるのですから、これを参考にぜひかけ目をマスターし、模様入りの作品を作ってみてください!

(photo, picture by 著者)
(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。