\ フォローしてね /

5分で分かる!「敬語(謙譲語)」の学び方

敬語には、3種類あります。「尊敬語」と「謙譲語」と「丁寧語」です。一番簡単なのは「丁寧語」です。動作主が、誰のときでも使えるからです。

今回は、「謙譲語」について、学習のポイントを紹介します。まずは、実力チェック。

【問題1】 次の文で、敬語の使い方がまちがっているところを指摘し、正しい言い方に直しなさい。
(1) 私の母は、ケーキをめしあがっています。
(2) 私は、「あたりまえ体操」をなさいます。
(3) あなたは、その体操の名前をうかがいましたね。

いかがでしたか?自信をもって答えられましたか?下記の文章を読むと、5分で自信を持って答えることができるようになります。

「謙譲語」の学習のポイント

どういうときに使うのか?

「尊敬語」を使うのは、次の2つの場合です。

(1) 「目上の人」の動作
(2) 「相手」の動作

一方、「謙譲語」を使うのは、次の2つの場合です。

(1) 「自分(私)」の動作
(2) 自分の「身内(家族)」の動作

自分が相手よりへりくだる(下手に出る)ことによって、結果的に相手の立場を上げて、敬意を表することになります。

謙譲語を使うのは、「自分」とその「身内(家族)」の動作

「特別な言い方」を覚える

  • 「食べる」・・→「いただく」
  • 「見る」・・・→「拝見する」
  • 「する」・・・→「いたす」
  • 「言う」・・・→「申す(申し上げる)」
  • 「いる」・・・→「おる」
  • 「行く」・・・→「参る(うかがう)」
  • 「来る」・・・→「参る」
  • 「思う」・・・→「存じる」
  • 「見せる」・・・→「お目にかける」
  • 「会う」・・・→「お目にかかる」

「謙譲語」の裏技 (「特別な言い方」以外)

「特別な言い方」は、覚えておけばいいだけです。しかしながら、「特別な言い方」がない場合(または、忘れた場合)は、次の方法で対応します。

「謙譲語」は、「お~する」を使う
  • 「分ける」・・・・→「分けする
  • 「配る」・・・・→「配りする
「尊敬語」は、「お~になる」を使う
  • 「分ける」・・・・→「分けになる
  • 「配る」・・・・→「配りになる

冒頭の問題にもどりましょう。

【問題1】 次の文で、敬語の使い方がまちがっているところを指摘し、正しい言い方に直しなさい。
(1) 私の母は、ケーキをめしあがっています。
(2) 私は、「あたりまえ体操」をなさいます。
(3) あなたは、その体操の名前をうかがいましたね。

答え合わせです。

(1) 「めしあがって」(×)→(○)「いただいて」
「めしあがって」の主語は、「私の母」です。自分の母には、謙譲語を使います。「めしあがる」のふつうの言い方は、「食べる」です。したがって、「食べる」の謙譲語として「いただく」を使います。

(2) 「さない(ます)」(×)→(○)「いたし(ます)」
「なさいます」の主語は、「私」です。私の動作には、謙譲語を使います。「なさる」のふつうの言い方は、「する」。「する」の謙譲語は、「いたす」です。

(3) 「うかがう」は謙譲語です。「うかがった(聞いた)」人は誰ですか。「あなた」ですね。相手に対しては、「尊敬語」を使います。したがって、「うかがう」の代わりに、「聞く」の尊敬語を使う必要があります。これを、尊敬語にするには、「お~になる」を使います。したがって、「お聞きになる」となります。(「聞かれましたね」も可。)

おわりに

まずは、「誰の動作」に使うのかを覚えます。次に、「特別な言い方」を覚えます。最後に、裏技を覚えます。あとは、実際に、使えるようにすること。自分の持っている問題集で練習してみて下さい。

おまけ問題

最後に、間違えやすい問題を3問。

【問題2】 次の文で、敬語の使い方がまちがっているところを指摘し、正しい言い方に直しなさい。
(1) 「会長は、お元気にしておられますか。」
(2) 猫のキテーちゃんに、ごはんをあげましょう。
(3) 来週、お母さんと一緒にテレビをご覧になるでしょう。

答え合わせです。まず(1)は、「会長」(目上の人)が主語なので、尊敬語を使います。ところが、「おる」という「謙譲語」と、「られる」という「尊敬を表す言葉」が混同されています。(「二重敬語」は禁止です。)したがって、答えは、「会長は、お元気になさっていますか」とか、「会長は、お元気にしていらっしゃいますか」などがよいでしょう。

次に(2)です。(2)の文の主語は、だれですか。そう、「私(自分)」です。「私」が、「猫」にごはんを「あげる」というのは、不適切です。「あげる」ではなく、「やる」を使います。したがって、答えは「猫のキテーちゃんに、ごはんをやりましょう。」となります。

最後に(3)です。(3)の文の主語は誰ですか。正解は、「私(自分)」です。私が、母と一緒にテレビをみるのです。つまり、「謙譲語」を使う必要があります。「ご覧になる」は、「尊敬語」です。見るの「謙譲語」は、「拝見する」です。したがって、正解は、「来週、母と一緒にテレビを拝見するでしょう。」となります。(※「お母さん」は「母」にします。)

文法は、一度、本質を理解してしまえば、絶対の自信を持って対応できる「得点源」となります。基本(本質)の理解ができていれば心配いりません。応用問題は、いろいろなバリエーションがありますが、問題集で練習して慣れるとよいでしょう。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。