\ フォローしてね /

3つのポイント!おいしいサバの見分け方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

「サバの生き腐れ」なんて言葉があるほど、サバは傷むのが早い魚ですよね。本記事ではパック入りでもおいしいサバを見分ける3つのポイントをお知らせします!

見分け方

POINT1

眼が濁っていないか・・・眼が白濁したような色合いのものは鮮度が落ちています。透明でキラキラしているものを選びましょう。

POINT2

お腹がぷっくり膨れているか・・・お腹がぺしゃんこになっているものは内臓まで傷んでいる可能性があります。張りがあって大きく膨らんでいれば、鮮度はもちろん脂が乗っている証拠です!

POINT3

パック内に血が溜まっていないか・・・下処理をしたものでパック内に血が溜まっていると、血抜きが甘いということです。肉に生臭みが移ってしまい、どんなに鮮度がよくても台無しに。きれいに血抜きがされているか確認しましょう。

おわりに

上記のいずれのポイントも、必ず手で覆って影を作った状態で観察してみてください。鮮魚売り場の照明はより活きが良く見えるように明るめのものを使っています。少し暗いところで見ると新鮮さがもっとよくわかりますよ!

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。