1. 料理
    2. 見て触って嗅いで!おいしいマンゴーを見分ける方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    見て触って嗅いで!おいしいマンゴーを見分ける方法

    とろ~り柔らかく熟したマンゴーは甘くておいしいですよね。美肌にも直結するビタミンCも豊富なので積極的に取り入れたいですね。ここでは筆者も大好物の美味しいマンゴーの見分け方を紹介します。

    美味しいマンゴー見極めポイント

    ポイント1: 形&色で見分ける

    マンゴーの種類にもよりますが、しっかり果皮が色づいて艶があり、ふっくらした形を選びます。

    ポイント2: 匂いで見分ける

    食べごろのマンゴーは、匂いを嗅ぐと甘い香りがしてきます。この匂いがしてから、1日~2日目が食べ頃です。

    ポイント3: 触って見分ける

    • 触るとすこしベタベタする感じがしたら、食べごろのサインです。これはマンゴーが熟され糖分が果皮からしみでている証拠です。
    • 少し指で押すと、柔らかな感じがするのがおいしい熟サインです。
    押して跡が付くと商品価値が落ちてしまうので、お店ではやめましょう!

    まだマンゴーが硬かったら?

    まだ完熟していない硬いマンゴーは、2~3日ほど常温の涼しい場所で追熟させます。上記のおいしい熟ポイントになるまで時々チェックしましょう。

    おわりに

    筆者は生のマンゴーはもちろん好きですが、ドライフルーツをちょっとしたおやつやサラダに加えてたのしんでいます。ぜひおいしいマンゴー選びの参考にして下さいね。

    (Photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人