1. 料理
    2. 「あめ色玉ねぎのキッシュ」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    「あめ色玉ねぎのキッシュ」の作り方

    飴色玉ねぎがオーブンで引き立ち甘くて美味しい、シンプルなキッシュをご紹介します。

    材料(18cm型)

    キッシュ生地

    • 薄力粉:100g
    • バター:50g
    • 卵黄:1個
    • 水:大さじ1
    • 溶き卵:少々(焼いた生地に塗る分)

    卵液

    • 卵:2個
    • 牛乳:50g
    • 生クリーム:50g
    • ピザ用チーズ:30g

    具材

    • 玉ねぎ小:2個
    • ホウレンソウ:少々
    • 塩:少々

    あめ色玉ねぎのキッシュの作り方

    STEP1:材料の準備

    薄力粉はふるいにかけます。

    バターはレンジで溶かして、卵黄と水を混ぜ合わせます。

    STEP2:生地をまとめる

    準備した薄力粉、バターと卵黄+水をタッパーに入れます。

    蓋をして1分ほど上下に振ると、中身が自然とまとまってきます。

    団子状にまとまってきたら、ラップの上に出して、丸めて簡単にまとめます。

    ラップをしっかりして冷蔵庫で30分寝かせます。

    タッパーを使うことで、最初に手をべたべたにすることなく楽に作業することができます。

    STEP3:生地を伸ばす

    粉を振った台の上に、寝かせた生地をおき、ラップの上からめん棒で伸ばします。タルト型を覆いきる大きさまで伸ばしましょう。

    この分量の生地だと薄めの仕上がりになります。

    STEP4:生地を型に入れる

    タルト型に生地をぴったりと敷きます。型からはみ出した部分は型に沿わせてめん棒を転がして切りましょう。

    型に入れた生地に、フォークでまんべんなく穴を開けておきましょう。

    STEP5: 生地を焼く

    型にクッキングシートを敷いてタルトストーンをのせます。タルトストーンは全体に行き渡るようにしっかりならしておきましょう。

    オーブンは220℃に熱し、20分焼きます。

    タルトストーンか代わりになる重しをしないと生地が膨らんで浮いてきてしまいますので、重しを使用してください。

    STEP6: 生地を焼く(空焼き)

    STEP5で焼いた生地をいったん取り出して、クッキングシートとタルトストーンを取ります。

    溶き卵を生地が熱いうちに表面に塗り、今度はタルトストーンをのせないで220℃のオーブンで10分空焼きします。

    溶き卵を塗ることで、生地に卵液が染みこむのを防ぎ、タルトをサクサク仕上げるポイントになります。

    STEP7:具材の下ごしらえ

    串切りにした玉ねぎを、オリーブオイル大さじ1を敷いたフライパンで熱します。塩少々を加え、玉ねぎの色があめ色になるまで炒めましょう。

    同時にホウレンソウはさっと茹でてアク抜きをしておきましょう。

    STEP8:タルトに具材、卵液をのせる

    あめ色になった玉ねぎをタルト型にのせて、上にホウレンソウを飾り付けるようにのせます。

    そこへ卵液(材料を全て混ぜたもの)を流し入れます。

    STEP9:オーブンで仕上げ

    具材をのせたタルト型を170℃に設定しなおしたオーブンで10分焼きます。

    具や卵液に火が通ればOKなので、生地を焼くときより加減します。

    STEP10:完成!

    切り分けて完成です。

    おわりに

    タルト生地から作るのは大変そうに思えますが、いざやってみると簡単に出来るので、ぜひ生地から作ってみてください。

    甘みを引き出した玉ねぎはそれだけでも美味しいですが、卵液とともにオーブンで焼き、味がなじむとさらに美味しいキッシュに仕上がります。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人