\ フォローしてね /

小さな子供の靴は「投げ込み収納」が便利!おすすめラクラク収納法

筆者の家は大人2人、幼児2人の4人家族です。大人の靴の数はそれほどでもないのですが、子供たちの靴はお祝いでいただいたりと、増えていく一方。

加えて我が家には、備え付けの下駄箱も広いたたきもありません。ですから靴の棚卸しを定期的に行い、シーズンでないものは物置に収納しています。

大人の靴の収納

試行錯誤の上、現在、大人の靴は値段・収納力・サイズ・デザインのすべてで折り合いの付いたIKEAのシューズラックを使用しています。

このシューズラック、実は子供靴の収納用に購入したのですが、靴が小さすぎて後ろに落ちたり、開閉のたびに転がったりと上手くいきませんでした。

小さな子供の靴の収納

結局たどり着いたのは、使っていなかった本棚と、以前から持っていたIKEAの収納ボックスを使った「投げ込み収納」です。

ポイント1:子供が自分で取り出せる

上の子(4歳)は当然ですが、下の子(1歳半)でも自分で好きな靴を選んで取り出すことができます。

ポイント2:メンテナンスが簡単

ボックスの底のほうには、オフシーズンの靴や、ボロボロなのに子供が気に入っていて捨てられない靴を入れます。

その上にどんどん今履いている靴を重ねて入れていくだけです。すべての靴が収まっているので、衣替え時期の棚卸しも簡単です。

収納前には、濡れた靴は完全に乾かしてから、靴底の砂や汚れは軽く落としてから入れるようにしてください。

おわりに

筆者の家ではこれで問題ないですが、下のほうの靴への汚れが気になる場合は、袋に入れて収納しておくことをおすすめします。

育児に家事に忙しい毎日…。見た目はイマイチですが、細かいことは気にせず、ラク家事でもっと時間を作りませんか。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。