\ フォローしてね /

中国語の難しい発音を練習するコツ

このライフレシピのもくじたたむ

中国語を学習し、行き詰ってしまった方へ。大学で4年間中国語を専攻していた筆者が、躓きがちなポイントを乗り越える方法をお教えします。

発音のコツ

r,ch,zh,sh系の発音(そり舌音)

そり舌音と言いますが、その名前にだまされないで下さい。舌をそらすのではなく、少し引っ込めて、丸めて発音します。あまり力みすぎないでください。

有気音と無気音

紙を顔の前に持っていって・・・という訓練でうまく行かない方も多いのではないでしょうか。有気音は紙を揺らせばいいというものではありません。

有気音は、一旦子音だけを発音し、遅れて母音を発音するとうまくいきます。

例えば”ta”なら、”t”だけをまず発音し、0.1秒後に母音を発音するイメージです。大げさに言えば、”タハー”と発音するイメージです。

”e”の発音

中国語のピンインで”e”と表されるこの音は、日本語の母音には無い音ですね。

まず、”ウァ”と発音するイメージを持ってください。次に”ウ”の部分は”グ”に近い発音にしてください。喉の奥で発声します。

ngかgか

テスト対策的なことになりますが、ピンインの最後が”ng”か”g”かを忘れてしまう人が多いと思いますので、見分け方をお教えします。

“ng”で終わる字の例は「中・当・生・行・正・星・長・冷」を挙げておきます。
“g”で終わる字の例は「新・連・信・真・店・天・分・今」を挙げておきます。
(フォント対応の関係で日本語表記です)

それぞれの字を、音読みで読んでみてください。
“ng”群は「ちゅう・とう・せい・こう・せい・せい・ちょう・れい」
“g”群は「しん・れん・しん・しん・てん・てん・ふん・こん」

気づきましたか?”ng”群は「ちゅー・とー・せー」など、伸ばす音です。”g”群は「ん」で終わります。

さいごに

中国語を外国語として学習する場合、日本人は世界で最も早く習得できる人種ではないでしょうか。発音の多さが難点ですが、一度出来てしまえばあっというまです。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。