\ フォローしてね /

チェーンステッチの縫い方

このライフレシピのもくじたたむ

チェーンステッチは名前の通り『くさり』の形になり、直線や曲線を描くのに便利な刺繍です。

用意するもの

  • 刺繍糸

  • 刺繍針

  • ハサミ

刺繍のしかた

刺繍糸は通常6本の細い糸で1本になっていますが、布や図案に合わせて、そのうちの1~6本を利用します。糸の本数が多くなると盛り上がった感じになります。まず縫いやすい長さにカットしてしてから、数本を抜いて刺繍します。

ここでは見えやすいように6本のままで刺繍しています。

STEP1:

玉結びをして、刺繍糸を通した針を、縫い始める位置の裏から表に針を出します。

STEP2:

STEP1で針を出した場所にまた針を刺し、2~3mm先から針を出します。

STEP3:

STEP2で出した針に、刺繍糸をかけます。

著者のように左からかけても、右からかけても、どちらでもかまいませんが、常に同方向からかけるようにします。

STEP4:

針をひっぱります。

この時、強くひきすぎないように注意してください。ひきすぎるとチェーンの丸みがなくなってしまいます。

STEP5:

2針目も同様に、出ている刺繍糸の位置に針を刺し、針に糸をかけ、同様に進めます。

5個のチェーンができた状態です。

STEP6:

縫い終わりは最後に出した糸の近くで小さくとめ、裏で玉止めをします。

はじめのようなカーブのある図案は、カーブの部分をやや細かく刺繍すると、綺麗にしあがります。

おわりに

文字や線を刺繍できる基本的な刺繍方法です。ハンカチ等の持ち物にイニシャルを刺繍するのも良いですね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。