1. 趣味
    2. ストレートステッチの縫い方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ストレートステッチの縫い方

    このライフレシピのもくじたたむ

    ストレートステッチは、1本の線を縫う時に何回かに分けずに、ひと針で刺繍する方法です。

    単純な刺繍ですが組み合わせることにより、様々な形ができます。小物などにワンポイントとして刺繍するときにもおススメです!

    用意するもの

    • 刺繍糸(細い糸が6本で1本になっている刺繍糸を、布の厚さや好みで1~6本にして利用します。)

    • 刺繍針、はさみ

    刺繍のしかた

    ストレートステッチでできる例として、放射線状の図案をご紹介します。

    STEP1: 玉結びして、布の縫い始めの位置の裏から表に刺す

    刺繍糸を針に通し玉結びをして、布の縫い始めの位置の裏から表に刺します。

    チャコペンシルなどで下書きすると、刺繍しやすくなります。

    STEP2: 糸を強く引かないよう注意し、刺繍する

    糸を強く引き過ぎないように注意しながら、刺繍していきます。

    STEP3: 完成!

    刺繍し終わったら、裏で玉どめをして完成です。

    おわりに

    簡単にできる刺繍ですが、素朴で味わいがあります。図案を工夫したり、他の刺繍と組み合わせて楽しんでください。

    1本1本の線を長さを変えて密集させて刺繍したり、何色かの色でグラデーションをつけたりすると、豪華なイメージの刺繍にもなります。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人