\ フォローしてね /

宮城県名物!菓匠三全「萩の月」の紹介

宮城県のお菓子、萩の月。皆さんはご存知でしょうか。昔から仙台のお土産として、親しまれています。今回は萩の月を紹介します。

食べられる地域

菓匠三全というところで、萩の月は宮城県のいろいろなところで売っています。仙台駅や松島、4号線上等に売っていて、買えない事はないのではないでしょうか。

購入できる場所

ここはデパートの地下階です。ひとつ140~150円で売られています。

賞味期限は一週間程度です。

食べた感想

大きさはペンと比べてこんな感じです。

切ってみました。いざ食べると、甘くて美味しいクリームとスポンジ生地がマッチしています。それにすべてが黄色いので月を食べている気分になり、さらに美味しく感じられます。

食べ方いろいろ

萩の月はそのまま食べても美味しいですが、温めて食べても美味しいです。甘い良い香りが漂います。冷やして食べると、アイス感覚で頂けて、夏にはおすすめです。

おわりに

萩の月は温度によって違うおいしさが感じられます。「今度は違う季節に食べよう」と楽しむのも良いかもしれません。ぜひ、皆様次に仙台に来たときは食べてみてください!

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。