\ フォローしてね /

おいしいタケノコはアタマとオシリで見分ける!

このライフレシピのもくじたたむ

タケノコが出回ると、「春が来たなぁ」と思います。その頃にはもう寒の戻りもなくなり、名実ともに春の到来を告げる風物詩ですよね。

そんなおいしいタケノコを見分ける、簡単な2つのポイントをご説明します。

見分けるポイント

アタマを見る

タケノコのアタマ、とんがり帽子をかぶったみたいになってますよね?その先っちょがあざやかな黄色かどうか確認してみてください。

タケノコは鮮度が落ちたり、長く日光に当たるとえぐみの成分が強くなります。

そうなったものはアタマのとんがりが黒っぽくなってくるので注意してください。

オシリを見る

タケノコのオシリの部分、白い部分に小さな赤いイボイボがついていますね。

この白い部分がみずみずしくて白さが新鮮であり、イボイボの赤が鮮明であればタケノコの鮮度もよいと考えられます。

逆にカサカサして黒ずんだようであれば、収穫からずいぶん時間が経っている証拠です。やはりえぐみが出ているので大きく味は落ちてしまいます。

おわりに

タケノコはとにかく鮮度が命!上記の2点を注意するだけでも鮮度をはかる目安になります。

やわらかくてやさしい、春の味覚を満喫してください。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。