\ フォローしてね /

ルービックキューブの遊び方

ルービックキューブは世界的に有名で、様々な種類の大会も開催されています。
そんなルービックキューブの遊び方を紹介します。

ルービックキューブとは

基本は各面が9個に分かれた正方形であり、一面づつ色を揃えることが目的の立方体パズルです。

列ごとにブロックを回すことができます。他に各面が4個や16個に分かれたもの等、様々な種類のルービックキューブがあります。

ルービックキューブの遊び方

STEP1

色が揃っている状態であれば、色がバラバラになるように適当に各列を回しましょう。

STEP2

色がバラバラになった状態から、揃える色を選んで一面に揃うにはどうしたらいいかを考えながらSTEP1と同じように各列を回していきます。

STEP3

一面の色を揃えることができたら、色の揃った面が崩れないようにしながら続けて二面、三面と違う色を揃えていくことに挑戦するのもいいですが、ここからの難易度はとても高いです。
初心者や苦手な人は、色の揃った面が崩れても良いので違う色を揃えることに挑戦してみましょう。

ルービックキューブの解き方のコツ

1.一面を揃えるコツ

色を揃えると決めた面を常に上部とした状態とした場合で説明します。色を揃えている面を覚えておくか、列ごとでなく本体自体を回転させないことを前提とします。

側面だけを見て上にある色は、上部に色を移動するとなれば必ず上部の色が変わってしまいます。

邪魔になるので、最初に揃えたい色が側面の上の場所に無い面に変えるか、揃えたい色を側面の上の場所以外の適当な場所に回して移動させましょう。

列は同じ配置で回るので、上部の配置と側面の位置を考えて色を入れたい場所を決めます。そして側面の入れたい色を上部を回しても配置が換わらない場所に避けてから、色を入れる上部の列を側面に回して入れ替えます。

この手順で色を揃えることができます。

2.二面以上揃えるコツ

一面までは揃えられたけれど二面三面と揃える方法がわからない人に、一面が揃った後にそのまま続けて違う色も揃えるコツとして、側面だけを見て上にある色を揃えていく方法を説明します。

色が揃った一面を常に上部とした状態として説明します。茶色が揃ったのであれば、その茶色の面を上部とします。

側面の中心の色と上の色を見てみましょう。側面の中心の色を基準に側面の色を揃えるとします。

茶色の次に揃えたい色が黄色の場合、中心の色が黄色の側面の上を黄色で揃えるために他の側面の上にある黄色を移動させます。

中心の色が黄色以外の側面の上に黄色があれば、図の(1)のようにその黄色と同じブロックの茶色だけを側面に回して外した後列を戻します。

こうしたことで上部は茶色が一つだけ無い状態になり、側面に残された茶色のブロックの下部には、側面の上にあった黄色が常にあることになります。

そして下に回った色と同じ黄色が中心にある側面の上部の茶色と外した茶色のブロックを図の(2)のように入れ替えることで、面の上に中心と同じ黄色が移動します。

この要領で他の面の色を揃えていきます。

解けないからといって色のシールを一部張替えたりしてしまうと、他の色が上手く揃えられなくなってしまいます。

ルービックキューブの楽しみ方

一面づつであれば色ごとに何度も挑戦できます。

全面色を揃えることに挑戦するのもいいですし、どれくらい速く色を揃えられるか時間を計って速さを極めるのも楽しみ方の一つです。また、一人だけでなく他の人と競い合うのも楽しいです。

おわりに

ルービックキューブは途中で中断しても大丈夫なので、好きなときに好きな間だけ遊ぶことが出来ます。ただ回すだけで良いのですが意外と奥が深く、子供も大人も気軽に楽しめるパズルの玩具です。

(photo by 著者

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。