\ フォローしてね /

削り節を使い勝手よく保存する方法

このライフレシピのもくじたたむ

出汁用の削り節は大容量で売られている事が多く、使い切れなかったり、保存場所に困ったりしがちですよね。

そこで、お勧めなのが「粉だし」として保存する方法です。

粉末状にすることで、驚くほど省スペースに保存でき、使い勝手もよく、活用の幅も広がります。

用意するもの

  • 電動ミルまたはミキサー
  • 出汁用削り節
  • 密閉保存容器
ミルで粉にする場合は、一袋(100g)につき、4~5回作業が必要です。ミキサーであれば容量により1回でまとめて作業可能です。

仕上がりは電動ミルに軍配が上がります。特に簡易だしとして利用する場合の風味の差に出ます。

※炒め物の調味料としては気になる程ではありません

粉だしの作り方

STEP1 電動ミルにて細かくする

電動ミルにて細かくします。あっという間に、驚くほど少量になります。

STEP2 密閉容器に保存する

密閉容器に保存します。まとめて作成する場合は、小さめの容器で複数に分けて保存した方がフタを開ける回数が減るため、より美味しい状態が長持ちします。

粉だしの保存期間

冷蔵庫で1、2ヶ月程は可能ですが、徐々に風味が落ちるのでなるべく早めに使い切ることをお勧めします。

必ずフタが密閉できる容器に保存してください

粉だしの活用方法

  • 汁物にそのまま入れ、簡易だしとして使う

使用量の目安: 一人分に対し小さじ1/4
使用例:みそ汁、具だくさんスープなど

  • 炒め物に、調味料としてそのまま使う

使用量の目安: 一人分に対し小さじ1/2
使用例:チャーハン、玉子焼きなど

  • 熱湯に入れて、通常のだし汁として使う

キッチンペーパー等に粉を包み、耐熱容器に入れて熱湯を注ぎ2~3分待つ
その後、包みごと取り出す。もしくは、直接入れて目の細かい茶こしで濾す。

使用量の目安: 250ccに対し小さじ1
使用例:茶碗蒸し、すまし汁など、柔らかな風味を生かしたい料理に

粉だしは、削り節の状態よりも少ない量で風味が強くでます。使用量は目安です。少量ずつ試しながらお好みの濃さを見つけてください。

おわりに

粉末状にすることで、省スペースに保存でき、使い勝手もよく、活用の幅も広がります。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。