\ フォローしてね /

かぎ針編みをゼロから始める!~中長編み3目の玉編みの編み方~

この冬かぎ針編みを始められた方も、そろそろ基本の編み目をマスターしてシンプルな作品を作れるようになっているのではないでしょうか。しかしかぎ針編みにはまだまだたくさんの編み方があり、それらを組み合わせるともっと凝ったかわいらしい模様を作品に入れることができます。ここでは、「中長編み3目の玉編み」の編み方をご紹介します。

用意するもの

  • かぎ針
  • すきな色の毛糸
毛糸には、それぞれの糸の太さに適したかぎ針の号数があります。毛糸の帯にはその号数が書かれてありますので、それを参考にかぎ針を選ぶようにしましょう!

中長編み3目の玉編みとは

中長編み3目の玉編みは、その名の通り中長編みを3目組み合わせて玉のような編み目を作る編み方です。中長編みの編み方を理解していればさほど難しくはありません。

編み図では図のような記号であらわされます。

-

中長編み3目の玉編みのやり方

STEP1

通常の長編みを編む要領で針に糸を1回巻きつけ、目に差し入れて糸を引き込みます。

STEP2

最後の引き抜きをしない未完成な状態の中長編みを、前段の同じ目に合計3目作ります。

STEP3

中長編みと同じように、針にかかっている輪すべて一度に通るように毛糸を引き抜いて、中長編み3目の玉編みの完成!

中長編み3目の玉編みのコツ

未完成なままの輪を置いておくときに緩んでしまうこともあるので左手できちんと糸を張るように注意するとよいです。

未完成の中長編みを3目作る際、3目の引き抜き具合をばらばらにしてしまうと、玉編みのかたちがいびつになってしまいます。筆者は3目とも同じ長さで引き抜くようにしています。両端が綺麗に膨らんでぽこんとかわいらしい玉編みになるのでオススメです!

おわりに

いかがでしたか?玉編みはぽこぽことしたかわいらしい模様を作ることができるので、毛糸小物の模様のアクセントにもよく用いる編み方です。これを参考に、玉編みを使った作品をつくってみてください!

(photo, picture by 著者)

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。