1. 料理
    2. うずまき状が面白い!シナモンロールの食パンの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    うずまき状が面白い!シナモンロールの食パンの作り方

    シナモンロールを食パンにしました。外から見ると普通の食パンですが、切ってみると渦巻き状のロールを描いています。

    できあがって切るのも楽しいシナモンロールの食パンの作り方を紹介します。

    材料 (1斤分)

    ポーリッシュ種

    • 強力粉:125g
    • インスタントドライイースト:小さじ1/4
    • 水:125g

    本種

    • 強力粉:125g
    • 塩:5g
    • きび糖 :13g
    • インスタントドライイースト(耐糖性を使用):3g
    • 無塩バター:13g
    • 牛乳:50ml

    トッピング

    • マロンクリーム:大さじ4程度
    • シナモンシュガー:大さじ2程度
    ポーリッシュ種は混ぜておき、常温で3時間置いておきます。それ以上なら冷蔵庫に入れておきます。
    ポーリッシュ製法については『製パン方法「ポーリッシュ法」のやり方』参考にしてください。

    シナモンロールの食パンの作り方

    STEP1:ポーリッシュ種を作る

    ポーリッシュ種を作ります。ポーリッシュ種の材料をあらかじめ混ぜて室温で3時間置いておきます。

    STEP2:本種をする

    本種の材料をホームベーカリーに入れて、パン生地を作ります。

    ポーリッシュ種も入れて、ホームベーカリーのパン生地コース、具は「なし」でセットします。

    STEP3:ベンチタイムを取る

    生地ができたら、打ち粉をした台で丸めて乾かないようにしながら室温で20分、ベンチタイムを取り、生地をなじませます。

    STEP4:成形する

    パン生地を縦に伸ばします。

    1斤型の横サイズに合わせて伸ばします。

    伸ばしたら、マロンクリームとシナモンシュガーをまんべんなくふりかけます。

    マロンクリームはバターナイフなどで伸ばすと伸ばしやすいです。

    下からくるくると巻いていきます。

    巻き終わりはしっかりとめておきます。

    STEP5:二次発酵

    サラダ油を塗った1斤型にSTEP4で作ったパン生地を入れて、二次発酵させます。

    オーブンレンジ35度で50分。1斤型の8分目まで膨らませます。

    オーブンレンジで低温機能がなければ、温かい室温でも構いません。もし、膨らみにくかったらさらに二次発酵させてみてください。

    STEP6:焼成する

    二次発酵が終わったら、オーブンレンジを180度で予熱しておきます。

    その間に、茶こしで強力粉小さじ1/2程度(分量外)をかけておきます。

    全体にかけてから、180度のオーブンで30分加熱させます。

    強力粉をかけておくと焦げ防止にもなります。

    完成!

    シナモンロールの食パンができました。外から見ると普通の食パンですが、切ってみるとロール状になっています。

    少し違った食パンを食べよう!

    コツは、普通の食パンとは違い、2山、3山にはせずに1斤型の横サイズに合わせて伸ばすことです。そうすることで、どこを切っても同じうずまき模様を作ることができます。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人