1. 料理
    2. 保存も処分もルールを守って!揚げ油の後処理の方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    保存も処分もルールを守って!揚げ油の後処理の方法

    唐揚げ、とんかつ、天ぷら…揚げ物をした後の油の処理をどうしたら良いか、悩みませんか?

    そこで今回は、「保存も処分もルールを守って!揚げ油の後処理の方法」をご紹介します。

    揚げ油を保存する場合

    揚げカスをきれいにとる

    揚げ物をした後の残った揚げカスは、油のいたみの原因になります。揚げカスは、網じゃくしなどできれいにすくい取りましょう。網じゃくし一つあるとあく取りにも味噌溶きにも大活躍です。

    揚げ油を漉して保存

    油の温度が下がったら、こし器でこします。油こし器などを利用するとスムーズにこすことができます。

    油がしっかり冷めたら、水や、虫などが入らないようきちんと蓋を閉めて冷暗所にて保存します。また一度使用した油は、できるだけ早く使うようにしています。

    油が熱いまま蓋をしないように気をつけます。これは蓋の裏に水蒸気が溜まることによって油に水が入らないようにするためです。

    揚げ油を処分する場合

    牛乳パックを利用して捨てる

    空の牛乳パックに新聞紙などを詰めて、油が冷めたらゆっくり流し込みます。紙パックの口を、ガムテープなどでしっかり止めて燃えるゴミとして捨てます。

    処分する際の注意点

    油の処理方法はお住まいの自治体によって異なる場合があります。定められた油の処理方法に従うようにしてください。

    環境のためにも、油を流しに流すことは厳禁です。

    正しい処理を

    揚げ物は手間がかかるイメージがありますが、ルールにしたがって処理すればそれほど大変なことではありません。

    美味しく揚げて正しく保存、正しく処理を心掛けてくださいね。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人