\ フォローしてね /

切り絵の作り方 ~和風切り絵~

小さい頃に折り紙を折った事があると思います。七夕飾りやお正月にやっこさん、お見舞いの鶴など、折紙は色々な使い方ができます。

今回は折り紙でできる簡単な切り絵をご紹介します。

用意するもの

  • 折り紙
  • ハサミ
  • カッター
  • カッティングボード
  • 筆記用具
  • 定規

切り絵の作り方

STEP1

【1】:折紙を準備したら三角形になるように、半分に折ります。綺麗に折れたら、右角と左角を合わせ底辺のみに、印付けで折り目をつけます。

【2】:続いて頂点と、右角と頂点を合わせて斜辺に印付けで折り目をつけます。

STEP2

【3】:半分の三角形に戻して、【2】の印に合わせて頂点を折り斜辺に印を付けます。

【4】:【2】と【3】の印を合わせて斜辺に折り目をつけます。

STEP3

【5】:再び半分の三角形に戻して、底辺に付けた印から斜辺に付けた【4】の印に合わせて左角をしっかりと折ります。

STEP4

【6】:裏返したら、【5】の折り目に合わせて同じように折ります。これで、『3つ折り』は完成です。

STEP5

続いて筆記用具で、薄く線を書きます。分かりやすく色を付けていますので図を参考にして線を引いてくださいね。

完成

いよいよ切りますよ。ハサミで引いた線の外側を綺麗に切ってください。線と線の間はカッターを使って切ってください。切れた紙を開くと、和風切り絵『麻』の完成です。

切り絵を綺麗に仕上げるコツ

折り方

今回は簡単な『三つ折り』の方法を紹介しましたが、実は折り方、切り方次第でもっと色々な切り絵ができます。

折り方には”1つ折り”から”8つ折り”まで、幅広い方法がありますが、実はどの折り方にも共通するアドバイスは”綺麗に折る”ことです。

折り紙の端と端、角と角をしっかり合わせて折る、印を付けるようにすると、左右対称の綺麗な切り絵になります。

線をひくとき

切り絵の図柄を引く時に濃く引いてしまうと、完成したときに線が気になる方もいるかと思います。

例えば赤い折り紙を使ったとします。裏側の色は白やその他の色ですよね。そこで、裏側が表に来るように折ると線を引いても表になる赤い部分には線が出ないし、開いてしまえば左右対称なので、表裏はなくなります。

ぜひ、綺麗な切り絵ができるよう工夫してみてくださいね。

切り絵の魅力 ~切り絵にもうひと工夫を~

切り絵で作った作品をそのまま飾っても綺麗ですが、もう少し工夫すると、お部屋のインテリアになったりします。例えばランチョンマットサイズの和紙に挟んで貼ってみましょう。和風ランチョンマットの完成です。

他にも、折り紙のサイズを少し小さめに変えて和紙に挟んで貼ってみましょう。乾いたところで丸く切ると、今度は和柄のコースターができます。

切って楽しむだけでもよいですが、こんな風に、様々なものと合わせることで、もっと楽しむことができるのが、切り絵の魅力です。お正月やお盆など、日本人の伝統的な行事のときに、さりげなく使ってみてはいかがでしょうか。

おわりに

切り絵は色々な紋様が作れて、気がつくとすっかり夢中になってしまいます。

今回は和柄の紋様を紹介させていただきましたが、同じ『3つ折り』の先を三角に切ると星になりますし、アイスクリームみたいな形に切ると、梅になります。

色々な楽しみかたができますので、いろんな形に切って試してみてくださいね。

Twitterで紹介!

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。