\ フォローしてね /

消しゴムで戦う机上の格ゲー「消しピン」のやり方

消しピンって知ってますか?僕が小学生の頃、流行っていた三大遊びのひとつでした。今でいうとモンハンやポケモンくらい流行っていたと思います。

小学生に大人気だった消しピンのやりかたを紹介します。

絶対必要なもの

  • 消しゴム
  • 友達

基本ルールと遊び方

STEP1:机の上に消しゴムを置く

机の上の好きな場所に消しゴムを置きます。落とされにくそうな場所、狙われにくそうな場所に置くのが基本です。

また、手のひらで叩くことで強力な一撃を繰り出すことができるので半分だけ机からはみ出すように置くという技もあります。

STEP2:じゃんけんで順番を決める

じゃんけんで順番を決めましょう。

STEP3:消しゴムを動かす

自分の手番がまわってきたら、消しゴムを動かしましょう。一度の手番で一回だけ消しゴムを動かすことができます。消しゴムをデコピンで弾いていくのが基本的な動かし方になります。

指がかすってしまったり、ダフってしまったりしてちょっとでも消しゴムが動いたらその回の手番は終了になります。

STEP4:相手の消しゴムを落とす

自分以外の消しゴムを全て机から落とすのがこのゲームの目的です。落とせそうな消しゴムがあったら積極的に攻撃していきましょう。

ただし、相手の消しゴムと共に自分の消しゴムも落としてしまったり、狙いが外れて自爆してしまったりということが多いので気をつけましょう。

禁断の技いろいろ

消しピンにはいくつかの技があります。その技を紹介したいと思います。

バリア

消しゴムを強く机に押し付けることで弾かれないようにする技です。この技を使う場合は消しゴムを動かすことはできません。また、ケースから出した消しゴムを使っていることが前提になります。

MONOやまとまるくん等ぬめっとした消しゴムがバリアをするのに適しています。

スピン攻撃

消しゴムの両端を両手で持ち、消しゴムをしならせてから指を離すと回転しながら飛んでいきます。攻撃力がとても高いです。

張り手

消しゴムが机から半分飛び出ているときに、飛び出ている部分を手のひらで叩く技です。攻撃力が高いですが自爆してしまう可能性も高い技です。

大吉と書かれた消しゴムや大きいMONOの消しゴムを倒すときによく使われていた技です。

あの頃に帰ってもう一度

消しピンは消しゴムと机があればどこでも気軽にできる遊びです。職場の休み時間等にぜひ試してみてください。

皆様もよい消しピンライフを!

(image by amanaimages)
(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。