1. 趣味
    2. 立体的な風船亀の折り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    立体的な風船亀の折り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    千代紙で飛翔鶴等と共に折ると、お正月飾りにもGOODです。簡単なのに立体的に見える風船亀の折り方をご紹介します。

    必要な材料

    • 折り紙一枚

    折り方手順

    step1

    四角に2回折り、袋の部分を三角に開きます。

    step2

    画像の赤線の部分に折り筋をつけ、星を合わせる形で開きます。

    開いてる最中の画像です。

    step3

    開くと、上図のような形になります。上の角を赤線部分で折り下げます。

    step4

    星の部分を頂点に合わせる形で開きます。

    step5

    上図のような状態になっていればOKです。裏も同様の折り方をします。

    step6

    図のように、一度折り筋をつけてもどします。

    下の頂点をピッタリ折らずにわざと少し開いて折ると亀の頭っぽくなります。

    step7

    上の頂点のピラピラしている部分を上図のように折り、折り筋を付けた部分を戻します。

    step8

    上図のような形になっていればOKです。裏も同様の手順で折ります。

    step9

    亀の頭と尻尾となる部分を中割り折りで起こします。画像は、起こしている部分のものです。

    step10

    閉じて折られた状態だと画像のようになります。下の穴から息を吹き込んで完成です。

    step11

    空気を入れた状態です。頭や尻尾の部分は、お好みで鶴の頭のようにもう一度中割り折りをしたり、広げて癖をつけたりして亀っぽくします。

    小さな亀のほうは、グラデーション折り紙で折ったので甲羅部分が白っぽくなっています。

    最後に

    もう誰に教わったのかも覚えていませんが、昔から知っている風船折りのバリエーションです。

    最後の手順を少々変えたバーションで、雀にする折り方もあります。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人