1. 趣味
    2. 巻きつけ バック ステッチの縫い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    巻きつけ バック ステッチの縫い方

    巻きつけバックステッチは基本的なステッチのひとつです。

    バックステッチに糸を巻きつけ、立体的な線になります。

    用意するもの

    • 刺繍糸
    • 刺繍針
    • 刺繍枠
    • はさみ

    巻きつけバックステッチのやり方

    STEP1:刺繍枠のねじを緩める

    刺繍枠に布を固定する準備をします。

    STEP2:布をセットする

    刺繍枠の内側の輪の上に布の刺繍したい部分が真ん中になるように置きます。

    その上に外枠をかぶせます。

    STEP3:布を引っ張り、ネジを締める

    まわりの布を少し引っ張り、布がピンと張るようにします。

    ねじを絞り、固定します。

    布の準備が整いました。

    STEP4:針に刺繍糸を通す

    刺繍糸の先を二つに折り、くせを付けます。

    輪の部分を穴に通します。

    STEP5:裏から針を通す

    1針目を裏から出します。

    最後に糸の処理をするので、裏側は玉結びしません。刺し始めは布の裏に10cm程度余裕を残してステッチを始めてください。

    STEP6:バックステッチをする

    バックステッチをします。進行方向は左側です、後ろに針を刺すときに1目ずつ縫えていきます。

    糸を引くと1目出来ます。

    同じ様に進めます。

    刺し終わったら、裏側に糸を出します。

    バックステッチが出来ました。

    STEP7:巻きつける

    最後に出来たバックステッチの1目の真ん中部分のすぐ下から、針を出します。

    隣の1目にくぐらせ、巻いていきます。

    最後の1目前まで、繰り返し巻きます。

    最後の1目の中央に針を刺します。

    出来上がりです。

    STEP8:糸の処理

    玉結びはせず、糸を絡めて処理します。

    ステッチが終わったら、裏に糸を出して、糸のすぐ近くの縫い糸に絡ませます。

    場所を少しずつずらしながら4~5回絡ませ、糸を切ります。

    刺し終わりの糸処理が終わったら、刺し始め部分に残した10cmの糸に針を通します。

    刺し終わりと同じように、すぐ隣の縫い目に絡ませて、場所を少しずつずらしながら4~5回絡ませ、糸を切ります。

    おわりに

    布ならば何にでもステッチできますが、刺繍がしやすい刺繍用布が販売されていますので、気軽にスタートできると思います。

    出来上がっていく様がとても楽しいです、是非チャレンジしてみてください!

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人