\ フォローしてね /

いつまでも美味しく、紅茶を保存する方法

はじめに

紅茶を好きになると、いろいろ試してみたくなります。でも消費するのにも時間がかかりますよね。そんな時は少しでも長く保存したいものです。

茶葉の品質を落とさないようにする保存方法を紹介します。

おいしく紅茶を保存するポイント

ポイント1: 脱酸素材を入れる

紅茶がだめになる理由のひとつは酸化です。

いつも空気に触れていると、紅茶はダメになります。常温保存が効くので酸素に触れることも多いのですが、酸素を絶つことで劣化を抑えられます。

ポイント2: 袋の口を密閉器具で留める

お茶の袋ごと保存するのであれば、お茶の口を密閉できる道具があります。

参考URL:ルピシア 『茶パッチ』 のページ

密閉することで酸素が絶たれますし、袋を直接留めることでラベルなども見やすい上体で保存できるという利点があります。

ポイント3: 密閉容器に入れる

時に袋が酸素を通す素材ということもあります。そういう時は、密閉容器に移しましょう。

タッパーなどでも構いませんが、光を通さない容器の方が劣化しません。

ポイント4: 冷凍させる

茶葉は冷凍ができます。

なので、未開封の茶葉を保存する場合は冷凍してしまいましょう。開封済の茶葉の場合は中の湿気を取り除いて、容器を移すのであれば内側がよく乾燥しているものを利用してください。

おわりに

紅茶は時に数万円という超高級品もありますが、数百円のものも多く存在します。でもどの紅茶も、いつも美味しく飲みたいですよね。特にお気に入りの紅茶は長く楽しみたいものです。

最後まで紅茶を楽しむためにも、きちんと保存して長く楽しみましょう。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。