\ フォローしてね /

2種類のブロッコリーの保存方法

ビタミンなどの栄養がたっぷりのブロッコリー、上手に保存してお料理に生かしたいですね。

この記事では、ブロッコリーのゆで方、切り方を含め冷蔵で保存する方法を紹介します。

生のまま保存したい場合

ポリ袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室で立てて保存します。

3~4日で食べるのが理想です。

加熱して保存する場合

STEP1:小房に分ける

使う時の大きさをイメージして、小房に切り分けます。著者はお弁当用に小さいもの、付け合わせやサラダ用に大きめのものと2種類に切り分けています。

STEP2:大きめの房に切れ目を入れる

大きめの房は画像のように、茎の部分に切れ目を入れておきましょう。火の通りが良くなりますし、使う時に小さくしたかったら、さいて使えるので便利です。

STEP3:芯を拍子切りにする

芯の部分は厚めに皮をむき、拍子切りにします。

STEP4:芯を茹でる

鍋にたっぷりの湯をわかし、まずは芯を3分くらい茹でて、あみじゃくしなどですくい引き上げてしまいます。

STEP5:房を順に茹でる

大きめの房から先に茹でます。1分後に小さめの房を入れて、2分後に全て引き上げてください。大きい房は3分、小さい房は2分茹でることになります。

STEP6:水分を切り、密閉する

水分をよく切り、冷めたらタッパーやジップロックなど密閉できる容器に入れ、冷蔵庫で保存します。水っぽくなってしまうので、冷ます時は水にさらさないでください。

3~4日で食べ切りましょう。

おわりに

ブロッコリーは冷凍保存も可能ですが、どうしても解凍した時に食感が柔らかくなってしまうため、著者は冷蔵保存をしています。

今回の加熱する保存法は炒め物などにも使えるように固めの仕上がりになっています。そのままサラダに使う場合は、1分ほど加熱時間をプラスしてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。