\ フォローしてね /

クレーンゲームで遊ぶときに役立つ8つのコツ

このライフレシピのもくじたたむ

ゲームセンターで気軽に遊べるゲームといえば、クレーンゲーム。筆者も大好きで、大きいプライズから小さいプライズまで年に50個以上ゲットしています。ここではクレーンゲームで遊ぶときの8つのコツを、理論編、実践編、お金編にわけて紹介します。

クレーンゲームを攻略したい方、どうしても欲しい景品がある方、プレイ動画を観て勉強中の方、ぜひご参考下さい。

理論編

1:小さいものが取りやすい、大きいものは数回チャレンジ

大きなぬいぐるみやフィギュアよりも、小さなマスコットやお菓子が取りやすいです。これは単純で、ゲームセンターとしてもそのプライズを仕入れているわけで、原価の高い商品を易々と取られては困るからです。原価の高いプライズを取ろうとする場合は、1回だけではなく数回チャレンジする覚悟が必要となります。

2:位置直しを店員さんにお願いする

台に「位置直しはできません」と書かれていない限り、店員さんに声をかければ、最初の位置状態に戻してくれます。もし、難しい位置状態になってしまった場合は、ぜひお願いしてみましょう。

ゲットした後で同種類の違う色へ交換することは、多くの店で認めていないので、欲しい色がある場合は、事前に店員さんに出してもらいましょう。

3:店員さんとコミュニケーションを取る

店員さんが見ているところで、何回もゲームしたり、何度も位置直しをお願いしたり、コンプリートするためにすでに取ったプライズを見せたり、彼女のために取りたいんだと伝えたり…そのアピールは店員さんの心に伝わることもまれにあります。

プライズをプレゼントしてくれることはありませんが、店員さんとコミュニケーションを取ることで、もしかしたら取りやすい位置にプライズを移動させてくれるかもしれません。

実践編

4:まずは1ゲーム

クレーンゲームは、ゲーム台によって難易度を変えていて、アームの力が強かったり弱かったりします。まずは、1ゲームやってみて(または、他の人がゲームしているのを観察して)、その後ゲームを続けるか決めましょう。

5:クレーンゲームの原理

オーソドックスなクレーンゲームは、2つの力があります。1つは爪が左右からつかむときの動作、もう1つは持ち上げるときの動作です。基本的には、爪が左右からつかむ時の動作を使いながら、プライズを少しずつずらし、ゲットします。

6.:クレーンの後ろを使う

実は、もう1つの力があります。それは、クレーンが下がるときの動作。クレーンが降りるときの力というのは上の2つよりも強いため、活用の仕方によっては武器になります。

例えば、青い円のプライズを狙うときはこんな感じです。

台によっては、途中までしか下がらないようにチェーンをかけている場合があります。また、無理な方法を実践すると台を壊すことにつながり、注意が必要です。

お金編

7:本当に欲しいプライズ?

プライズをゲットできた!でも、これ本当に欲しかったものなのかな?部屋に置く場所あるかな?お菓子30個入りとか、食べきれるかな?そんなことがよくあります。お金を入れる前にちょっと考えてみましょう。

8:どうしても欲しいものはオークション

どうしても欲しいプライズだけれど、取れそうにない。その場合は、何千円も使う前に、オークションに出品されていることもよくあるので、活用してみてください。

おわりに

クレーンゲームは、「ゲーム」であるということを理解することが、一番のコツかもしれません。どうやったらプライズをゲットできるのかパズルのように考える。そして、無理そうな場合はお金をつぎ込まずに諦める。

ぜひ、本記事のコツを参考に、クレーンゲームを楽しんでください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。