1. 料理
    2. おいしいオレンジの見分け方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    おいしいオレンジの見分け方

    柑橘類の中でも比較的身近な果物の一つにオレンジがあります。そのまま食べるのもおいしいですが、絞ってジュースにするのもおいしいですよね。今回はおいしいオレンジの見分け方をお教えします。

    オレンジの基本情報

    オレンジは、大きく分けて普通オレンジネーブルオレンジブラッドオレンジの3つに分類されます。スーパーでよく目にするものは普通オレンジに属される、バレンシアオレンジと言われています。日本で販売されているオレンジの多くはカリフォルニアや南アフリカから輸入されたものです。

    おいしいオレンジを見分けるコツ

    皮をチェック

    全体がオレンジ色に色づいているものを選びましょう。緑がかったものはまだ未熟なので食べごろではありません。鮮やかなオレンジ色をしているもので、ハリやツヤのあるものがおいしいとされています。

    重さをチェック

    同じ大きさなら重いものが実がしっかりしていて、みずみずしいものとされています。軽いものは水分が少なく、パサパサしていることがあります。

    形をチェック

    綺麗なまん丸型のものを選びましょう。形が歪なものは味が落ちていることがあります。

    保存方法

    沢山購入したは良いけど、すぐには食べきれないという時は冷蔵庫で保存するとよいでしょう。そのまま冷蔵庫に入れてしまうと、水分が蒸発して折角おいしいオレンジを選んでもぱさついてしまうので、必ずビニール袋に入れて水分の蒸発を防ぎましょう。

    おわりに

    オレンジを購入する際は参考にしてみてください。

    (Phote by足成)

    このライフレシピを書いた人