1. 趣味
    2. 【水墨画】寅の簡単な書き方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    【水墨画】寅の簡単な書き方

    一見難しそうに思われる寅ですが、コツと順序が分かれば意外と簡単に書く事ができます。

    そこで筆者なりの寅の書き方を説明しようと思います。

    用意する物

    • 筆(中)
    • 面相筆
    • 墨(できれば摩るものが良いです)
    • 水墨画用紙
    • 画用木炭

    STEP1:下書きをする

    寅をぶつけ本番で書くのは、慣れていないと難しいと思います。そこでまず下書きをしましょう。

    鉛筆でも構わないですが、できれば画用木炭を使うと良いと思います。

    柔らかい布などで擦ればすぐに消えるので、おすすめです。

    STEP2:まず顔から書いてみる

    寅で一番重要なのは「顔」です。顔で良い寅か悪い寅か決まってしまうと言ってもいいでしょう。

    顔の中でもまず「目」から。

    人にもよると思いますが、動物を書く時は目から書く良い。筆者は先生からそう教わりました。

    その方が、顔の大きさ、バランスが描きやすいと思います。

    目を書くポイントとしては、目の下の線を濃く、太めに書く
    そうする事で寅の凶暴さを出す事ができると思います。

    首や目の上などの毛が生えている部分は、水分を取った筆を指でわります。そうする事によってうまく表現できると思います。
    顔を書いた後、目のまわりに軽く墨を塗ってあげると目が引き立ちます。

    STEP3:体を書く

    体で強く強調したい部分は、濃く強めに書きます。特に「首」は太い方が強く見えるので、気持ち太めに書くと良いと思います。
    腰は少し細く、お尻はどーんとしてるとメリハリが効いて良いかもしれませんね。

    STEP4:寅の模様

    模様を書く前に、かるく水を含んだ筆で模様を書く部分を濡らします。

    その上に墨で筆を下ろすと、墨が滲み、生き物の毛並みのようになります。

    模様はただ線を書いても生きてる感じはしません。少し筆を揺らしながら書くと良いです。

    おわりに

    以上を簡単に説明しましたが、自分の書きたい寅のポーズ、角度などでコツも変わってくると思います。

    一番良いのは、写真を見たり、プロの方の作品をよく「観察」する事だと思います。

    あとは、ゆっくり焦らず楽しむ事。筆者もまだまだ初心者なのでマイペースに楽しもうと思います。

    色々自分なりの寅を摸索してみてください。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人