\ フォローしてね /

じゃがいもで実践!ゆでこぼしの方法

料理になれていない人は「ゆでこぼし」という意味がよくわからない人が多いと思います。ここでは、ゆでこぼしの方法を煮物をするためのジャガイモを使って紹介します。

ゆでこぼしとは

ゆでこぼしと聞くと、お湯がこぼれるほどにグツグツと煮込むというようなイメージがわくと思います。しかし実際には、食材をゆでたお湯を捨てるという下処理の調理方法です。

ゆでこぼしは、食材のぬめりや灰汁、渋みなどを取り除くために行います。また、煮物を作る際に味がよくしみ込むように行うこともあります。

ジャガイモのゆでこぼし

STEP1 切る

じゃがいもの皮をむき、適当な大きさに切ります。

STEP2 煮る

水にじゃがいもを入れて火にかけ、沸騰してから2~3分煮ます。

後で煮こむため、ここで完全に火を通す必要はありません

STEP3 水を切る

ザルにあけて水を切ります。

完成

調理前のひと手間で、料理の出来上がりが変わってきます。下処理を面倒くさがらずに行って、美味しい料理を作りましょう。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。