1. 料理
    2. スパイシーでコクがある~とろけるチーズ入りトマトソースパスタの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    スパイシーでコクがある~とろけるチーズ入りトマトソースパスタの作り方

    ホールトマト(トマトの缶づめ)でトマトソースを作り、それをベースにした「トマトソースパスタ」の作り方を紹介します。

    アラビアータ風に鷹の爪を入れ、スパイシーにしてあります。とろけるチーズも入れてあるので、こっくりとしたボリュームもあるソースになっています。

    材料

    トマトソース (3~4人分)

    • ホールトマト…400g(1缶分)
    • にんにく…ひとかけ
    • バジル(乾燥)…少々
    • しお・こしょう…少々
    • 砂糖…ひとつまみ(好みで)
    • オリーブオイル…大さじ1
    ホールトマトは、トマトがサイの目にカットされている物の方が調理しやすいです。

    トマトソースパスタ (1人分)

    • トマトソース…80g
    • パスタ…80g
    • たまねぎ…1/8個
    • にんにく…1/4個
    • 鷹の爪…1/2本
    • ソーセージ…1本
    • ピザ用のとろけるチーズ…10g
    • しお・こしょう…少々
    • 粉チーズ…少々 (好みで)
    • オリーブオイル…大さじ1/2
    • パスタを茹でる塩…パスタの量に合わせる

    トマトソースの作り方

    STEP1 材料の下ごしらえ

    にんにくは薄皮を剥きます。まな板と包丁の平たい部分ではさみ、平たい部分を押すようにしてにんにくをつぶします。ホールトマトはフタを開けておきます。

    STEP2 にんにくを熱する

    フライパンにオリーブオイルを入れ、火をつける前につぶしたにんにくを入れます。弱火で、にんにくがきつね色になるように熱します。

    にんにくは焦げやすいので、火をつける前に入れて下さい。

    STEP3 トマトを煮る

    にんにくのいい香りがしてきたら、ホールトマトを入れます。バジルもふります。灰汁をとりながら、8分ほど弱火で煮ます。カットされたトマトが大きいようなら、お玉などでつぶしながら煮ます。

    トロっとしたら、しお・こしょうで味を調えます。味がボケているようなら、砂糖をひとつまみ入れます。

    缶づめの水分を飛ばすように煮るので、フタはしません。また、フタをしない方がキレイな赤色になります。

    STEP4 できあがり

    ソースが出来たら、粗熱をとってからタッパーなどに入れます。

    日持ちは冷蔵庫で約1週間です。
    このソースをベースにして、トマトソースパスタをつくります。このソースで、だいたい3~4人分のパスタが作れます。

    トマトソースパスタの作り方

    STEP1 材料を切る

    ソーセージは、輪切りにします。たまねぎは、みじん切りにします。チーズは、とけやすいように粗みじんにします。鷹の爪は輪切りに、にんにくはみじん切りにします。

    STEP2 パスタを茹でる

    鍋にパスタを茹でる為のしおを入れ、沸騰したらパスタを茹で始めます。袋にある表示時間の1分前に湯から引き上げます。

    パスタを茹でている間にソースを作ります。

    STEP3 ソースを作り始める

    フライパンにオリーブオイルを入れ、火をつける前ににんにくと鷹の爪をいれ、弱火にかけます。

    鷹の爪もにんにく同様、焦げやすいので弱火にして下さい。

    STEP4 たまねぎを入れる

    にんにくの香りがしてきたら、たまねぎをいれ、火を中火にして炒めます。

    STEP5 ソーセージを入れる

    たまねぎがうっすらとしたきつね色になったら、ソーセージを入れて炒めます。

    STEP6 トマトソースを入れる

    ソーセージがオリーブオイルになじんだら、トマトソースをいれ、さらにパスタを茹でている湯を大さじ1程入れ、軽く煮ます。トマトソースと他の具がなじみ、パスタの湯の分の水気がなくなる程度でいいです。

    STEP7 とろけるチーズを入れる

    とろけるチーズをいれ、ソースに溶かします。

    STEP8 パスタを入れる

    パスタをいれ、ソース全体とよく混ぜ合わせます。皿に盛り、粉チーズを振りかければ完成です!

    おわりに

    粉チーズ以外にも、パセリやオリーブの実などを好みでかけてもOKです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人