\ フォローしてね /

初めてでも楽しめる!ジャズバーを楽しめるコツ

「ちょっと飲みたいな」「ジャズに触れてみたい」バーで1杯、憧れはあるけれども、バーは敷居が高いと思ったり、メインは音楽?お酒?と悩んでみたりしませんか。

初めてでも楽しいジャズバーについて、元サービスマンがご紹介します。

ジャズバーはとは

一言でジャズバーと言っても、実はその種類は様々です。

定期的にジャズライブが行われている店舗もあれば、BGMにジャズを流しているだけの店舗もあります。スケジュールによって分けているお店もあります。

主なジャズバーとして・・・

  • 定期的にジャズライブが行われる
  • 音楽を楽しみに来ているお客様もいる
  • 料理の種類は少なめ
  • テーブル席が主で、カウンター設備は少ない
  • 音楽をメインに、一人でも行きやすい
お店によってはライブチャージが発生します。必ずHPや入口に掲載されていますので、気になる場合はチェックすることをお勧めします。

初めて訪れる際に

レストランの様に、ウエイターが常にお世話をしてくれるとは限らないのがジャズバーです。慣れた人は自分で席に行き、手を挙げてウエイターさんを呼ぶ方もいます。

なので最初は早めにお店に入るのも手かもしれませんね。

早い時間帯は客も少ないので、ウエイターさんが気を付けてくれますし、バーテンダーとも会話がしやすいこともあげられます。

お酒に詳しくなくても、いろいろ教えてくれますよ。

気になるジャズバーのマナー

まず一般的なバーとの大きな違いは、音楽を楽しみに来ているお客様もいること。そのため大声で話したり、ベロベロになるまでお酒を飲んでしまうのはやめましょう。

またジャズをBGMとして楽しみたい場合、最前列に席を構えるのもやめておきましょう。

ステージに近い席はジャズを楽しみに来ているお客様達に譲ってあげます。

場所によってはドレスコードがありますが、ほとんどは問題ありません。

ジーンズでも構いませんが、あくまでも飲食店。香水のつけすぎやアクセサリーの付けすぎはやめましょう。

そして筆者が思う、大事にしたいマナーは「雰囲気」を大事にすることです。

大声厳禁や服装も含めて、ジャズを楽しむバーであるという雰囲気を崩さないように気を付けましょう。

会計の仕方

会計の仕方は何種類かあります。

  • テーブル会計

テーブルでウエイターを通してお会計をします。

  • レジ会計

伝票をテーブルごとにウエイターが持ってくるので、帰る際にレジでお支払します。

  • バー会計

注文ごとにバーで支払をします。時間が必要な料理は番号札を渡されます。

わからないことがあればバーテンダーやウエイターに聞くことは聞くことです。

おわりに

そしてまずは勇気を出して行ってみることですよ。

(photo by足成 )

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。