1. 趣味
    2. パンダだけじゃない!上野動物園の楽しみ方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    パンダだけじゃない!上野動物園の楽しみ方

    旅行概要

    2011年12月に夫と二人で東京の上野動物園に日帰り旅行に行きました。

    上野動物園といえば、皆様おなじみのパンダですね。パンダはとても愛くるしくて見てて楽しい気持ちになりますが、上野動物園には他にもユニークな生き物がたくさんいました。

    ここで筆者がその中でも「これは」と思った3つのポイントをご紹介いたします。

    費用

    • 山手線で池袋駅から上野駅までで160円
    • 入園料600円

    上野動物園みどころ3選

    1:あの迫力満点のトラが間近で見られる

    ガラスで覆われているとは言えども、気が弱い筆者は特にですが、間近で見るトラはとても迫力満点で怖いながらも面白かったです。食事のシーンも見ることが出来ました。

    2:ペンギンの中に謎の鳥がいる

    ペンギンコーナーの中に、鮮やかな青い色の鳥がいます。ペンギンのふりをしてじっとしたり、平然とペンギンの餌の魚を食べたりしていますが、閉園時間になるとどこかへ飛んでいきました。

    ちなみにこの鳥はゴイサギというサギの一種らしいです。

    3:格好良い&珍しい鳥が多い

    上野動物園は哺乳類も見ごたえがありますが、一方で鳥類もたくさんいます。強面で有名な鳥ハシビロコウやタンチョウ、コンドルなど迫力満点でかっこいい鳥がたくさんいますよ。

    上野動物園の良かったところ、イマイチだったところ

    よかったところ

    600円というお手ごろ価格の入場料ですが、見場所がたくさんある点です。また、要所要所に、動物の生態や豆知識などもわかりやすく書かれていて勉強になりました。

    イマイチだったところ

    動物によっては寝ているものも多く、実際見てみたい動物が見られなかったのが残念だった。また中に軽食コーナーがありますが、どれも少し割高だった点です。

    アドバイス

    筆者の経験上ちょっと失敗したなと感じるのは、午後から入園したことです。園内は結構広く、見所がたくさんありますので、午前中から行くのがおすすめかもしれません。

    また必需品としては、カメラと軽食・飲み物でしょうか。写真を撮る場面も多く、途中疲れてきますので、この3つはぜひ持って行きましょう。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ