1. 料理
    2. ブリを刺身用のサクに捌く方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ブリを刺身用のサクに捌く方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    朝市などで買ってきたブリを自分で捌いたお刺身は、安くて新鮮でとても美味しいですよ。

    丸々1匹のブリをお刺身用のサクにするまでのさばき方をご紹介します。

    材料と道具

    • ブリ
    • まな板
    • 包丁(我が家では出刃包丁を使っています)
    出刃包丁は普段家庭で使っている包丁よりも刀身が厚く、硬いものが切りやすいです。

    捌き方

    STEP1:鱗をとる

    包丁を立てて魚の身を尻尾から頭に向かって軽く撫でます。すると鱗がポロポロと取れます。水道水を弱くかけながらやると鱗が流れてやりやすいです。

    全部をお刺身に使う場合はこの工程を省いても大丈夫です。アラを使う場合は頭部の鱗をとって下さい。

    STEP2:頭を落とす

    胸びれのあたりから刃を入れ半分まで切ります。

    反対側からも刃を入れ骨まで断ち、完全に頭を落とします。

    ブリは骨が太く硬いので二回に分けて切るとやりやすいです。

    STEP3:お腹をひらく

    おしりの方から刃を入れ、お腹を開きます。

    腹びれの部分は硬くてなかなか切れないので、腹びれを切り取り完全にお腹をひらきます。

    STEP4:内臓をとる

    内臓をとり、お腹を開いて血合いの部分を親指の爪でこそぎ取ります。血を弱く出した水道の水でお腹の中をきれいにします。

    水道の勢いが強かったり、長い間流すと身が崩れたり水っぽくなったりするので、弱い水で手早くがポイントです。

    STEP5:三枚におろす

    刃を寝かせて背骨にそって切っていきます。反対側も同じように切って三枚におろします。

    STEP6:背ビレを切り落とす

    背ビレを切り落とします。刃の真中から先の方を使うと切りやすいです。

    STEP7:皮をはぐ

    半身の尾の方から、刃を立てて包丁と反対の手で皮を引っ張りながら包丁をスライドさせて皮をはぎ取ります。

    皮を切らないように、刃に引っ張ってる皮をこすりつけたり大きく上下に刃を動かしたりしないように気を付けます。

    STEP8:骨をとる

    お腹の部分の骨を切り取ります。刃を寝かせて骨の下にそって切ると無駄な身がはがれません。

    STEP9:半分に切る

    半身の真ん中に骨があるのでその両脇を切って、骨を取り除きながら縦半分に切り分けます。

    この方法だと身がもったいないので、骨抜きで真ん中の骨を抜いてから縦半分に切ると無駄がないですが、とても時間がかかります。

    完成

    汚れや水気をキッチンペーパーで拭きとったら完成です。

    お魚全部をお刺身にする場合はもう半身も同じ手順で切っていきます。

    さいごに

    身をべたべた触ったり、水で洗い過ぎると鮮度が落ちるので手早くがポイントです。ぜひ挑戦してみてください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人