1. 料理
    2. お正月はやはりこれ!野菜たっぷり雑煮の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    お正月はやはりこれ!野菜たっぷり雑煮の作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    お正月といったら、お雑煮です。今回は家にある野菜をたくさん入れた具だくさんのお腹がいっぱいになるお雑煮の作り方を紹介します。

    用意するもの(3人分)

    • 鶏モモ肉 1/6切れ(50g)
    • 豚肩切落とし 50g
    • ニンジン 1/2本(50g)
    • ハクサイ 1/4にカットされたものから更に1/3量(125g)
    • ダイコン 1/8本(80g)
    • シイタケ 1個(10g)
    • サトイモ 1個(100g)
    • 油揚げ 1/2枚
    • (A)酒 大さじ2
    • (A)みりん 大さじ2
    • (A)砂糖 大さじ1
    • だし汁 700cc
    • 市販の濃縮つゆ 50cc
    • 市販の濃縮つゆ(仕上げ用) 大さじ1
    • 市販の切り餅(50g) 4個
    • 花かつお 適量

    作り方

    STEP1:食材を切る

    豚肩切落としは一口サイズ、鶏モモ肉は1枚(290g)のうち1/6枚を使い一口サイズに切ります。

    ダイコン、ニンジン、サトイモは皮を剥いて輪切りにしてさらに4等分に切るイチョウ切りをします。

    シイタケは軸を取り除き横半分に切ってから縦に薄切りにします。

    ハクサイは横に4等分してから縦に細切り、油揚げも横に3等分してから細切りにします。

    STEP2:食材を煮る

    鍋を熱し(A)の酒、ミリン、砂糖を入れてサッとひと煮立ちさせて、豚肉と鶏肉を煮ます。

    すべての野菜を入れてざっと混ぜます。

    だし汁を入れて強火で沸騰させます。

    沸騰したら濃縮つゆ50ccを入れて混ぜます。中火~弱火にして野菜が柔らかくなるまで10~15分煮ます。

    野菜が柔らかくなったら味を確かめます。味が薄い場合は濃縮つゆ(仕上げ用)を入れます。

    煮詰まって味が濃くなる場合があります。濃縮つゆはやや少な目に入れ、仕上げの段階で味の調整をします。

    STEP3:お餅を温める

    電子レンジの中にクッキングシートを敷き、切り餅を並べて加熱します。

    600Wの電子レンジの「あたため」機能で15~20秒ぐらいです。

    お餅がふくらんできたら加熱をやめて取り出します。

    お使いの機種によって加熱時間は異なります。加熱中は目を離さないようにしてください。

    STEP4:お餅を鍋に入れて煮たら完成!

    煮立っている鍋にお餅を入れます。5分ぐらい煮てから完成です。食べる時に花かつおをかけてください。

    煮すぎるとだんだん溶けてしまいます。

    おわりに

    具だくさんの我が家のお雑煮です。今回はハクサイを入れましたが水菜を入れると色鮮やかに仕上がります。冷蔵庫にある野菜をたくさん入れることで栄養満点、お腹もいっぱになるお正月の定番メニューです。

    お餅の代わりにご飯を入れると雑炊になりますし、うどんやそばを入れても美味しいです。ぜひ、お試しください。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人