1. コミュニケーション
    2. 海外旅行で役立つ!宿泊先のホテルで使える英語術

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    海外旅行で役立つ!宿泊先のホテルで使える英語術

    著者は海外旅行経験多数とアメリカ在住の際に国内旅行でホテルを利用した経験があります。

    ここではアメリカ旅行でホテルに滞在する際に避けては通れないチェックインとチェックアウトに役立つ英語を紹介します。

    ここではあらかじめホテルの予約をしているという前提です。

    チェックインの際

    フロントデスクへ行くと係りの人がいます。

    STEP1:Check-in

    「Hello, we have a reservation for today under NANAPI.(こんにちは、今日の予約をしているナナピです。)」

    フロントデスクに行き、上記のフレーズで、係りの人に予約をしているものだということを伝えましょう。

    オンラインで予約して予約番号を持っている場合は提示すると手続きが早いです。その場合 「Here is the confirmation number.」 と言います。

    STEP2:本人の確認と支払い能力のチェック

    May I see your photo ID & credit card ?」とフロントの人から身分証明とクレジットカードを提示するように言われますので、手渡しましょう。

    クレジットカードはVISAや Masterなど大手のものなら特に問題ありませんが、予約者の名前と異なっていたり、期限が切れていたり、支払い限度額が低かったりすると使えないので提示前に確認することが必要です。

    IDはパスポートかアメリカ国内の免許証がいいです。

    身分証明書とカードを返してもらうのを忘れずに!

    STEP3:部屋の鍵またはカードをもらいます

    Here is your room key, Room # 101.(これが部屋の鍵で部屋番号は101号室です。)」と伝えられるはずです。部屋の行き方がわからなければ

    「How can we get to our room ?(部屋にはどうやって行くのですか。)」

    「Could you show me the way to our room ?(部屋への行き方を教えて下さい。)」

    どちらかのフレーズで部屋を案内してもらえるはずです。

    荷物が多いときは運んでもらえますが、チップ1-2ドルを忘れないようにします。

    チェックアウトの際

    チェックアウトはクレジットカードにつけるようになっていて、朝に部屋のドアの下から精算書とレシートが入れられている場合があり、その際はそのままホテルから出て行けます。

    部屋の鍵が旧式のものは、フロントへ返却に行き精算します。

    レシートを必ずもらって、金額に間違いがないか確認します。

    フロントデスクについたら、

    「I would like to check out now. My name is NANAPI, room #101.(チェックアウトしたいのですが。名前はナナピで、部屋は101号室です。)」

    と言って鍵を渡しましょう。「Here is your bill. How would you like to pay ?(これが精算書です。支払いはどうされますか。)」と聞かれるはずですので、

    「I would like to pay with VISA. (ビザカードで払いたいです。)」

    などと、支払い方法を伝えましょう。空港までシャトルを使いたい時は

    Do you have free airport shuttle service ? Here is my flight information. (無料の空港シャットルがありますか?これが飛行機のインフォメーションです。)」

    と聞きます。飛行機の情報を紙に書いて見せれば間違いがありません。

    大抵のホテルは無料のシャトルが朝早くから夜遅くまであります。

    最後にそのホテルの滞在が楽しかった場合は以下のように伝えると素敵ですね。

    「We really enjoyed our stay.」

    おわりに

    いかがでしたか。ここでは海外旅行でホテルに滞在する時に避けては通れないチェックインとチェックアウトの際に役立つ英語を紹介しました。

    ぜひお試しください。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ