\ フォローしてね /

中学「社会」<歴史>室町幕府についておさえるべきポイント

室町幕府がどんな幕府だったか、室町時代がどんな時代だったのかとらえましょう。

室町幕府

室町幕府は京都におかれました。

初代将軍の足利尊氏のころは九州などの地域への影響力は持っていませんでした。

しかし3代将軍足利義満のときに世の中の混乱がおさまって南北朝が統一されたので、広い地域に支配が及ぶようになりました。

幕府の仕組み

室町幕府では、将軍の補佐役として管領がおかれました。

上の図で、四角で囲まれているのは地方の役所です。

日明貿易(勘合貿易)

日明貿易とは、足利義満が当時の中国をおさめていた明と行った貿易です。

正式な貿易船に勘合という札を持たせていたので、勘合貿易とも呼ばれています。

またこの頃、倭寇と呼ばれる海賊の活動に明は苦しんでいました。

応仁の乱

1467年、8代将軍足利義政の後継者争いが守護大名の勢力争いとなって応仁の乱が起こりました。

人の世(1467)むなしい応仁の乱と覚えましょう。

結果

  • 11年ほど戦いは続き、京都は焼け野原になりました。
  • 下剋上の風潮が高まり、戦国大名が登場しました。
下剋上の風潮とは、身分の低い者が高い者を実力で打ち負かす風潮です。

さかえた商業

色々な商業者が栄えました。

  • 土倉…金貸しをおこなう。
  • 酒屋…酒の製造と販売、金貸しをおこなう。
  • 馬借…年貢などを輸送しました。
  • ……貴族などに税金を納めて営業を独占した業者。

農民たちが自立しはじめて、という自治的な組織ができました。集まって話し合ったり(寄合)、村の掟を決めたりしていました。

一揆もたくさん起こりました。

  • 1428年 正長の土一揆…高利貸しを農民たちがおそいました。
  • 1485年 山城の国一揆
  • 1488年 加賀の一向一揆…浄土真宗の信者が守護を追い出して約100年の自治を行いました。

おわりに

室町幕府のときにおこった戦い、発達したものをチェックして勉強してください。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。