\ フォローしてね /

栗拾いをしたら作ろう!本格「栗ごはん」の作り方

秋と言えば栗拾いですね!そして栗と言ったら栗ごはんです。栗拾いに行ったらぜひ、栗ごはんを作ってみましょう。秋の味覚を存分に味わうことができます。

また、せっかく栗ご飯をつくるのですから、本格的な栗ご飯を作りたいですよね。ここでは、生栗の状態からできる、栗ごはんの作り方をご紹介します。

「栗」以外も混ぜてみよう!おいしい炊き込みご飯レシピはコチラ。
炊き込み・混ぜご飯のレシピ

材料 (4人分)

  • 茹でた栗 35個
  • 米 2合
  • 塩 小さじ1
  • 酒 大さじ2
  • ミリン 小さじ1
  • だし昆布 5×7cm

栗ごはんの作り方

STEP1: 栗を茹でます

沸騰した湯に栗を入れて3分間茹でて火を止めます。

STEP2: 硬い皮と渋皮を剥きます

「栗くり坊主」という専用の鋏で殻を剥き、すぐに水にさらします。

浮いてきた皮のクズは取り除きます。

刃物ですので取扱いには十分注意して下さい。

STEP3: 炊飯器にセット

米をといで水切りをして内釜に入れます。酒、ミリンを入れてから規定量の水と塩を入れて軽く混ぜます。最後に栗と昆布を入れて炊きます。

STEP4:炊けたら、かき混ぜます

炊けたら炊飯器の中で、さっくりとかき混ぜます。

完成!

お茶碗に盛り付けて、完成です!

おわりに

いかがでしたでしょうか。栗拾いに行った時や栗を頂いた時には必ず作る栗ごはんです。茹でて剥くのは大変ですが、その分美味しいです。

茹で栗の殻を剥くと栗がボロボロになってしまう時があります。形が整っているものをモンブランの飾り用に、小さなかけらになってしまったものはマロンクリーム用に、半分ぐらいの大きさになってしまったものは栗ごはん用に、と用途に分けて栗を使っています。

秋の味覚のひとつです。ぜひお試しください。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。