1. 雑学
    2. 5分で学べる!国語・文法「サ行変格活用の動詞」の学び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    5分で学べる!国語・文法「サ行変格活用の動詞」の学び方

    このライフレシピのもくじたたむ

    「サ行変格活用」の「動詞」について、5分で学びましょう。

    5分で学ぶ方法

    STEP1 「動詞の呪文(じゅもん)」を覚える

    「動詞の呪文」は知っていますか。ます、「動詞の呪文」を覚えます。

    「動詞の呪文」は、「ない、う、ます、た、まる、こと、ば、!」

    「動詞の呪文」は、あくまで呪文であって、動詞ではありません。

    くわしくは、「「動詞」」を読んで下さい。

    STEP2 動詞の「活用形」を覚える

    動詞の活用形は6種類あります。

    動詞の「活用形」は、「未然形」「連用形」「終止形」「連体形」「仮定形」「命令形」の6つ。

    「動詞の呪文」を使って、自分で自由自在に、動詞を活用させることはできますか。例を使って、動詞を活用させてみましょう。

    「走る」を活用させよう!

    • 「ない」につながる形=「未然形」

    「走る」+「ない」=「走らない」(※「ない」は動詞ではない。)

    • 「う」につながる形=「未然形」

    「走る」+「う」=「走ろう」(※「う」は動詞ではない。)

    • 「ます」につながる形=「連用形」

    「走る」+「ます」=「走ります」(※「ます」は動詞ではない。)

    • 「た」につながる形=「連用形」

    「走る」+「た」=「走った」(※「た」は動詞ではない。)

    • 「。(まる)」につながる形=「終止形」

    「走る」+「。」=「走る。」(※「。」は動詞ではない。)

    • 「こと」につながる形=「連体形」

    「走る」+「こと」=「走ること」(※「こと」は動詞ではない。)

    • 「ば」につながる形=「仮定形」

    「走る」+「ば」=「走れば」(※「ば」は動詞ではない。)

    • 「!」につながる形=「命令形」

     「走る」+「!」=「走れ!」(※「!」は動詞ではない。)

    動詞の最後の部分(活用語尾)に注目すると、「ら」「り」「る」「れ」「ろ」と活用しています。つまり、「走る」は、五段活用の動詞と言えます。

    STEP3 動詞の「活用の種類」を覚える

    動詞の「活用の種類」は、「五段活用」以外に、4種類。

    (1) 「五段活用」・・・「歌う」「笑う」など

    (2) 「上一段活用」・・・「見る」「にる」など

    (3) 「下一段活用」・・・「ける」「はねる」など

    (4) 「カ行変革活用」・・・「来る」のみ

    (5) 「サ行変革活用」・・・「??」

    【問題】「サ行変革活用」の動詞の例を1つ挙げなさい。

    どうでしょうか。挙げられましたか。正解は、「する」の1語のみです。

    ただし、「○○する」という形(複合動詞)も、「する」の仲間と考えます。

    例えば、「発明する」「旅行する」「運動する」なども、「○○する」なので、「サ行変革活用」の動詞です。

    「サ行変革活用」の動詞は、「する」の1語のみ。
     「○○する」の形も、「する」の仲間と考える。

    「サ行変革活用」は、略して「サ変」とも言います。あとは、動詞の呪文を利用して、今まで通り、自分で活用させられれば大丈夫です。

    「する」の1語しかないので、活用自体を覚えてもいいですが、サ変だからと特別なことはしなくてもあくまで「動詞の1つ」として扱い、自分で自由に活用させられるようにしておきましょう。

    おわりに

    「サ変」だからといっても特別なことはありません。あとは、自分の持っている問題集で、練習してみてください。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人