\ フォローしてね /

棒針編み「編出し増目」の編み方

なわ編みや玉編み、透かし模様など、編み物は技法を使って、いろいろな模様を作り出すことが出来ます。

ここでは、玉編みに必要な「編出し増目」の編み方を説明します。

必要なもの

  • 編みたい毛糸
  • 棒針 2本
毛糸玉には、糸の太さに適した針の号数(数が大きいほど太い)を示した紙が巻いてあります。それを参考に針の太さを選んでください。

「編出し増目」の編み方

記号

表示されている数字の数だけ編み出します。ここでは3目編み出すように説明します。5という数字であれば、5目編み出します。

意味

縦棒が表目、丸がかけ目の編目記号です。3目編み出すとは、表目、かけ目、表目するという意味です。

5目編み出す場合は、表目、かけ目、表目、かけ目、表目です。

STEP1:針を入れる

まず手前から針を入れます。

著者の編み方はアメリカ式です。右の人差し指に糸をかけて編んでいきます。

STEP2:引き出す

糸をかけて引き出します。最初の表目が出来ました。

STEP3:針に糸をかける

右の針に糸をかけます。これがかけ目です。

STEP4:針を入れる

STEP1と同じ目に、手前から針を入れます。

かけ目を落とさないように注意してください。

STEP5:糸を引き出す

糸をかけて引き出します。これがふたつめの表目です。

STEP6:完成

一つの目から、3目を編み出しました。

5目の場合はこうなります。

上手に編むポイント

一つの目から、複数の目を編み出します。下の目が大きくなりすぎないように気を付けます。どうしても大きくなってしまったら、裏から糸を引いて、調整してください。

おわりに

この方法で増目したあと何段か編み、一度に減目すると玉編みになります。アラン模様にはかかせません。

編出し増目をマスターして、ぽこぽこ可愛い玉編みを作ってくださいね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。