1. 料理
    2. 「あんドーナツ」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    「あんドーナツ」の作り方

    あんドーナツを作ってみました。

    その作り方をご紹介します。

    材料(写真のサイズ12個分)

    • 薄力粉:100g
    • 強力粉:120g
    • ベーキングパウダー:5g
    • 卵:1つ
    • グラニュ糖:50g
    • バター:25g
    • 牛乳:60cc
    • つぶあん:150g
    • ごま:適量
    グラニュ糖をこの量にするとかなり甘さが抑えられたドーナツになります。食べるとあんこの甘さのみがほとんどという感じです。もっと甘いドーナツが良ければ、倍ぐらいのグラニュ糖を生地に入れて作るとよいでしょう。

    作り方

    STEP1:バターを溶かす

    耐熱ボールに牛乳、バターを入れます。

    レンジで40〜50秒ぐらい温めバターを溶かします。

    STEP2:砂糖、卵、粉を入れる

    泡立て器でバターと牛乳を混ぜ、砂糖を入れます。

    砂糖が混ざったら卵を入れます。

    同じ要領で卵を混ぜます。

    薄力粉、強力粉、ベーキングパウダーを入れます。

    これぐらいになったら手で捏ねます。

    これぐらいになるまで捏ねます。

    捏ねる時間はだいたい20〜30分ぐらいです。最初は手に付きますが、だんだん付かなくなってきますので、それを目安に捏ねて下さい。

    STEP3:あんこを入れて成形する

    軽く手に握れるぐらいの生地を取り、それを指で伸ばし、そこにあんこを入れます。

    強力粉を捏ねて生地を作っているのでかなりコシのある生地になっています。厚めにするとドーナツの生地がけっこう固いと感じるのでできるだけ薄く伸ばしましょう。ちなみに今回著者が作ったドーナツでも厚いぐらいです。

    STEP4:胡麻をつける

    あんこを入れて生地を丸めたら手にサラダ油をつけ丸めた生地のまわりに塗り、胡麻を付けます。胡麻はボールなどに入れておいて、生地をそこに入れて転がした方が楽につきます。

    あんこを入れた後、生地はきちんと閉じておくようにします。隙間があると油で揚げている際に口が開いてきたりします。

    今回は胡麻をまぶしたものを6つ、胡麻をまぶしてないものを6つ作りました。

    STEP5:低温で揚げる

    150〜160℃ぐらいの低音でじっくり揚げます。

    高温で揚げると周りがすぐに焦げてしまい中まで火が通りませんので低温で揚げるようにします。

    STEP6:完成

    胡麻をまぶしたものは胡麻が油にかなり落ちるので、胡麻をまぶしてないものから揚げましょう。揚がったらすぐにグラニュ糖をかけておくのも手です。

    上手に作るためのポイント

    上記の通り、高温で揚げると焦げますので低温でじっくり揚げます。また、あんこが入っているため重たいので最初鍋の底に沈みます。そのままにしていると鍋の底についた部分が焦げるので菜箸などでコロコロと転がしながら揚げるといいでしょう。

    取り出す目安はドーナツが浮いてきますのでそれを目安にします。あとは色合いで判断してください。

    おわりに

    いかがでしたか?

    ぜひお試しください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人