\ フォローしてね /

幹事さん必見!忘年会の式次第の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

1年の労をねぎらう忘年会ですが、幹事さんにとっては年内最後の大仕事になりますよね。まして、初めて幹事をすることになったらもう大変!何をどのようにしていいのやら迷うところです。

そこで、式次第の作り方を説明しますので、ご参考ください。

式次第の作成方法

会社の組織によって違いがありますので、ご自分の会社に当てはめて考えてください。

1:はじめの挨拶(社長の次席の方)

今年のトピックスや業績などについて手短に挨拶をいただきます。来賓がある場合は、同じく挨拶してもらうといいかもしれません。

司会進行時に「手短に挨拶を」とは決して言わず、「簡単でいいですので、ご挨拶を」などと添えるといいでしょう。これも口に出さず、時計を見てから指で「3」とサインを出すと、勘のいい方なら「3分だな」と理解してくれるかもしれません。

2:乾杯(さらに次席の方)

さらに次席というポジションがなければ、1で挨拶いただいた方にそのまま乾杯していただいてもいいですね。

人選が難しい、いつも同じ人だから今年は誰か違う人に…などという場合は、予め任意の席1箇所に仕掛けをして置き、「コースターの裏に『乾杯』と書いてある方、お願いします」などと指名するのも面白いかもしれませんよ。

3:新入社員の紹介と挨拶

会場によって料理のタイミングは違いますが、2~3品出揃ったぐらいで、新入社員の方がいれば改めてご紹介と、本人より挨拶をしてもらいましょう。

新入社員がいなければ、もう少々時間を空けて次に行きましょう。

4:余興やゲームなど

芸達者な方にお願いして、パーッと盛り上げてもらうといいですよ!

協賛金などがあって経費に余裕があれば、景品を掛けたビンゴ大会などもいいですね。

日頃から、社内でどの人が芸達者なのかなどの情報収集をしておくと役立ちます。

5:退職者の挨拶

(しばし歓談後)年末に退職者がいれば、その方からご挨拶と、記念品や花束の贈呈などをします。

退職者がいなければ、社内で1番お話好きのおじさんに無茶ぶりしてみてもいいかもしれません。

6:社長(最上席)の挨拶

最後は、社長にご挨拶いただきましょう。お話が終わったらすかさず「一本締めを!」とお願いし、ビシッと閉めてもらいましょう。

おわりに

社風もあるので、前年の忘年会に参加していなければ、先輩にどんな進行具合だったかアドバイスをいただくとかなり参考になります。年内最後の社内イベントを盛り上げるのも盛り下げるのも幹事次第です!!

初めての幹事さんなら特に緊張感をほぐして、終始明るく進行を務めましょう!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。