\ フォローしてね /

失敗しない羽根つき餃子の作り方

中華料理屋さんの生餃子を使って、羽根つき餃子を作りました。パリパリとした食感がおいしく、子どもたちも喜んで食べました。

餃子を焼くときに、ごま油を使っているのでごま油の風味もおいしい餃子です。

材料(3人分)

  • 餃子 15個
  • 片栗粉 大さじ1
  • 水   大さじ3
  • ごま油 大さじ1
  • 熱湯 70cc

調理時間:15分

作り方

STEP1:中火で焼く

フライパンに餃子を並べ、ごま油大さじ半分を入れて、中火で焼きます。

STEP2:蒸す

表面に薄く焼き色がついたら、熱湯を70cc入れて蓋をします。火加減は強火にします。

直径28cmのフライパンで熱湯70ccが目安です。

STEP3:強めの中火で焼く

フライパンに水気がなくなったら、水溶き片栗粉を全体に流しいれ、蓋を外した状態のまま、強めの中火で焼いていきます。

水分が少なくなってきたら、中火にし残りのごま油を入れて羽根をパリパリに仕上げます。

さいごに

蒸らして焼くときは、熱湯を入れることで、餃子の皮がベタベタになりません。水溶き片栗粉を入れた後はフライパンをゆすらずに、羽根がパリパリになるまでじっくり焼いてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。