\ フォローしてね /

四つの種類を覚えよう!現在完了の作り方

みなさんは現在完了形を知っていますか。現在完了形には複数の意味がありますので、それに気を付きながらこの記事を参考にして覚えましょう。

現在完了形とは

現在完了形とは過去に起こった動作や状態が、何らかの意味を持って、現在とのつながりを表す文です。

現在と過去の中間です。

現在完了形を作るにはhave(has)+過去分詞で作ります。

過去分詞とは

過去分詞は「ーされた」という意味です。過去分詞には規則動詞と不規則動詞があります。

規則動詞

過去分詞も過去形を用います。

play(現在形)⇒ played(過去形)⇒played(過去分詞形)(遊ぶ)など

・y⇒ied

study(現在形)⇒ studied(過去形)⇒ studied(過去分詞形)(勉強する)など

・子音を重ねてed

stop(現在形)⇒ stopped(過去形)⇒ stopped(過去分詞形)(止まる)など

不規則動詞

不規則動詞には様々な種類がありますので、必ず覚えましょう。

do(現在形)⇒ did(過去形)⇒ done(過去分詞形)(する)

good(現在形)⇒ better(過去形)⇒ best(過去分詞形)(良い)

write(現在形)⇒ wrote(過去形)⇒ written(過去分詞形)(書く)

cut(現在形)⇒ cut(過去形)⇒ cut(過去分詞形)(切る)など

現在完了の意味

現在完了には4つの意味があります。

1:継続「ずっとーだ」「ずっとーし続けている」

She has been sick in bed since last week.(彼女は先週からずっと病気で寝ている

since(ーからずっと)+過去の一時点を表す名詞(last week)が使われているので、継続です。

Tom has lived in Kyoto for six years.(トムは六年間ずっと京都に住んでいる

for+期間を表す名詞(six years)が使われているので継続です。

2:経験「ーしたことがある」

I have been to America once.(私は1度、アメリカに行ったことがある

回数(once)が使われているので経験です。

have(has) been toは「ーへ行ったことがある」と訳します。

Anna has never seen such a beautiful mountain.(アンナは、こんな美しい山を一度も見たことがない

経験の否定であるnever(一度もーない)が使われているので経験です。

3:完了「ーし終わった」「ーしたところだ」

He has just washed his father's car.(彼はちょうど、彼の父の車を洗い終わったところだ

just(ちょうど)が使われているので完了です。

4:結果「(ーした結果)...」

He has gone to Canada.(彼はカナダに行ってしまって、今ここにいない/今カナダにいる

文章の前後をきちんと読み、訳を考えましょう。

have(has)gone toは「ーへ行ってしまって、今ここにいない/今...にいる」と訳します。have(has)been toと間違えないように気をつけましょう。
結果を表す、特定の副詞などはつかないので、文章の前後をきちんと読み推測しましょう。

押さえるべきポイント

  • 不規則動詞に気をつけ、過去分詞を覚えましょう。
  • 完了形の四つの種類を見分けられるようにしましょう。

覚える方法

  • 教科書の末尾にある、(原形、過去、過去分詞)の表を何度も音読して、不規則動詞を覚えましょう。
  • 教科書の例文を何度も読み、完了形の種類を見分けられるようにしましょう。
著者はそれぞれの完了形の文を自分で何個も作って覚えました。

おわりに

教科書を何度も読んで、完了形の役割を覚えましょう。

(photo by 足成

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。