\ フォローしてね /

甘くて美味しいスイカの見分け方

はじめに

夏の風物詩、スイカ。折角なら甘くて美味しいものを選びたいですよね。

今回は甘くて美味しいスイカの見分け方をご紹介いたします。

甘くて美味しいスイカの見分け方

つるが出ている周りが凹んでいる

つるが出ている部分の周りに凹みがあるものほど甘いスイカと考えられます。

おしりが小さい

おしり(つるが出ている部分の反対側)が小さいものの方が良いスイカと言われています。

おしりが緑色

スイカは古くなってくるとおしりが黒くなってきます。おしりが緑のものを選ぶようにしましょう。

黒が深く、縞模様がしっかり出ている

スイカのトレードマーク、縞がしっかりと出ているものの方が甘いと考えられます。特に黒い部分が綺麗な黒いものが甘いです。縞を見て一番しっかりしているものを選ぶようにしましょう。

縞の緑の部分が盛り上がっている

縞の緑の部分が盛り上がっていて触るとポコポコとした形のものほど栄養が行き渡っていて甘くて美味しいと考えられます。

叩いた時にポンポンとした音

スイカの見極めといえば叩いた時の音。音が高いほど熟しておらず、音が低いほど熟していると考えられます。

ただ、スイカは熟しすぎると中で割れてきて、シャリシャリとした食感になってしまいます。そのため、ポンポンとした程よく低い音の物を選ぶことがおすすめです。

おわりに

いかがでしたか。甘くて美味しいスイカを選んでみてください。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。