\ フォローしてね /

草食動物と肉食動物の違いを覚えるコツ

草食動物と肉食動物の違いについて簡単に見分けられる覚えかたを紹介します。

目のつき方の違い

肉食動物であるライオンの目は、前向きについています。

前向きについていると視野は狭いですが、立体的に見える範囲は広いです。獲物との距離を測るのに役立っています。

逆にシマウマなどの草食動物の目は横向きについています。

横向きについていると視野は広いぶん、立体的に見える範囲は狭いです。肉食動物などの天敵を見つけるのに役立っています。

歯の違い

肉食動物の歯

  • 門歯…発達していない前歯
  • 犬歯…えものをかみ殺すために発達していて門歯の横についている
  • 臼歯…鋭く発達している奥のほうの歯。

草食動物の歯

  • 門歯…植物を噛み切るため発達した歯。
  • 犬歯…肉食動物に比べ発達していない歯。
  • 臼歯…植物をすりつぶすための歯。

内臓の違い

これは見た目にはわかりませんが、草を消化するほうが時間がかかるので、肉食動物の消化管は草食動物の消化管のほうがとても長くできています。

おわりに

肉食動物と草食動物の目のつき方の違いが1番わかりやすいので、よく覚えましょう。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。