\ フォローしてね /

棒針編み「滑目(すべり目)」の編み方

編み物を始めると、普段見慣れない編目記号と接することになります。

ここでは「滑目(すべりめ)」の編み方を説明します。

必要なもの

  • 編みたい毛糸
  • 棒針 2本 CHECK:毛糸玉には、糸の太さに適した針の号数(数が大きいほど太い)を示した紙が巻いてあります。それを参考に針の太さをえらんでください。

「滑目」の編み方

記号

V字のものが、「滑目」の記号です。よく似ているものに「浮目」があります。編み糸が裏に渡った場合が滑目、表に渡った場合が浮目です。 ###STEP1

これから左の針の最初の目を、滑目します。これから編む段は色を替えてあります。 CHECK:筆者の編み方はアメリカ式です。右の人差し指に糸をかけて編んでいきます。 ###STEP2

糸を向こう側におき、右側から針を入れます。

この針を入れた目が、記号の尖った部分です。

STEP3

そのまま編まずに右の針に移します。これですべり目の出来上がりです。

STEP4

次の表目も編んでみました。滑目が両隣の目より長く伸びているのがわかります。

裏から見ると、編まなかったので裏側に糸が渡っています
操作したのはこの段だけですが、下の目を2段分使っています。ですから記号は2段になっています。

滑り目を裏から編む場合

記号図

滑り目の記号が3段になっている場合で説明します。3段目は裏側から編むことになります。

糸は手前におき、右側から右の針に移して出来上がりです。

表から見ると、こうなっています。

上手に編むポイント

目を滑らせるとき、表目を編むときのように手前から針を入れて移すと、目の根元がねじれてしまいます。気を付けましょう。

おわりに

操作は簡単ですが、大きい目立つ模様になります。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。