\ フォローしてね /

無せきつい動物の分類を覚えるコツ

背骨のない無せきつい動物の分類を紹介します。

無せきつい動物

背骨のない動物を総称して無せきつい動物といいます。せきつい動物は現在たくさんいますが、無せきつい動物は少ないけどその分類が多いのでややこしくならないようにしっかり区別しましょう。

節足動物

節のある足や外骨格で体を支えているのが節足動物です。

1.甲殻類

海にいる種類が多いなかまです。

ex,)エビ、カニ

2.昆虫類

いわゆる「ムシ」です。体のつくりが頭部、胸部、腹部に分かれています。胸部から足が6本はえています。

ex,)カブトムシ、チョウ

3.その他

ex,)クモ、ムカデ、ヤスデ

軟体動物

軟体動物には外骨格や節はありません。水中で生活するものが多いです。体がやわらかくて外とう膜で体を守っています。イカの軟こうは外とう膜です。

ex,)イカ、タコ、貝

その他

ex,)ヒトデ、ウニ、クラゲ、ミミズ

おわりに

それぞれの分類に属する生物の種類を2.3種類ずつ覚えておくと、種類を分ける問題で役立つと思います。定期テスト前にやってみてください。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。