\ フォローしてね /

ドイツでビールを注文するとき役立つドイツ語3つ(基本編)

このライフレシピのもくじたたむ

ドイツ旅行に行ったらやっぱりビール!バーやレストランに行くと驚くほどいろいろな種類があります。ドイツ在住、ドイツ語で生活する筆者が、ビールを注文するときに役立つドイツ語を紹介します。

役立つドイツ語3つ

1:Bier (ビア)

基本中の基本、「ビール」という単語です。英語と似ていますね。メニューからこのページを探しましょう。

2:vom Fass (フォン・ファス)

直訳すると「樽から」という意味で、いわゆる「生ビール」です。メニューには、

"Bier vom Fass" (ビア・フォン・ファス)、または

"Fassbier" (ファスビア)

と書いてあります。これを頼むとビールサーバーから注いで出してくれます。

3:Flasche (フラッシェ)

「瓶」という意味です。

"Flaschenbier" (フラッシェンビア)「瓶ビール」

これを頼むと、多くの場合、中瓶サイズ (500ml) が出てきます。

おわりに

ドイツではたいてい英語が通じますが、レストランやバーで英語のメニューがないことは時々あります。ドイツ語は難しいイメージがありますが、だいたいローマ字読みで大丈夫。筆者の体験から言っても、日本人のカタカナ発音でも意外と通じるものです。

上に紹介した言葉を参考に、メニューから欲しいものを選んで、指さしで注文しましょう。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。